日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 唐沢寿明、『24』が米国との契約でテコ入れ不能

唐沢寿明、米国との契約でテコ入れ不能『24』 公開処刑危機もシーズン2に謎の意欲

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

唐沢寿明、米国との契約でテコ入れ不能『24』 公開処刑危機もシーズン2に謎の意欲の画像1
唐沢寿明オフィシャルサイトより

 視聴率がどこまで下がるのかテレビ朝日関係者は戦々恐々だろう。

 テレビ朝日開局60周年記念ドラマ『24 JAPAN』が10月19日にスタートしたが、初回平均視聴率7.7%から2話5.3%、3話4.5%と右肩下がりとなっている。

 同作は2001年にアメリカで放送開始し、世界各国で大ヒットした『24-TWENTY FOUR-』のリメイク版。米国版『24』は、アメリカの架空の連邦機関CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランドのテロとの戦いを描いたドラマ。日本版は“米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領”が誕生するまでの24時間を描写した米国版のシーズン1をベースに、日本初の女性総理大臣(仲間由紀恵)が誕生するまでの24時間を描く。

 ドラマ関係者が言う。

「当初はゴールデン・プライム帯で放送する予定でした。しかし、新型コロナの影響で制作費減となり、深夜帯になってしまった。そのため、爆破シーンがCGなど、米国版に比べるとかなりチープな作りになっている。ほかにも、日本でテロはなじみませんし、そもそもオリジナルの世界観をそのまま持って行くことに無理があった。オリジナルファンにはそっぽを向かれたものの、初見の視聴者は1話1時間のリアルタイプサスペンスが斬新に映ったようです。でも、日本版は全11話ですから全然『24』じゃない(笑)」

 このままでは主演する唐沢寿明の商品価値は暴落となりそうだが、それでも視聴率が1%以下になろうが打ち切りはないという。

「米国との契約があるので打ち切りも内容の大幅変更もできない。そもそもこの企画は唐沢サイドから持ち込まれていたようです。唐沢のギャラは1本300万円が相場ですが、今作は深夜ということで半額という破格となっている。唐沢はいいドラマを作っている自負していて、シーズン2をやりたがっているのだとか」(前出・ドラマ関係者)

 テロに爆破される前に、視聴率に爆死されてしまう?

最終更新:2020/10/31 13:00

唐沢寿明、米国との契約でテコ入れ不能『24』 公開処刑危機もシーズン2に謎の意欲のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

ANARCHYが映画で望んだ表現

――ANARCHYがメガホンを執ったことで話題となった映画『WALKING MAN』。彼...
写真