日刊サイゾー トップ > 芸能  > 嵐、 伊藤健太郎、沢口靖子…週末芸能ニュース雑話

嵐へのヨイショに辟易、“裏側”から撃たれる伊藤健太郎、沢口靖子歓喜の劇場化?…週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

大泉洋の”謎抜擢”に大河主演の可能性

嵐へのヨイショに辟易、裏側から撃たれる伊藤健太郎、沢口靖子歓喜の劇場化?…週末芸能ニュース雑話の画像1

記者I ハロウィンもそこまで盛り上がることなく終わり、年末への進行もスタート……。年の瀬の風物詩である『NHK紅白歌合戦』に関する情報も徐々に出てきました。総合司会にはウッチャンナンチャン・内村光良と桑子真帆アナ、紅組司会にはNHK連続テレビ小説『エール』に出演中の二階堂ふみ、白組司会には大泉洋といった布陣のようです(参照記事)。

デスクH 二階堂ふみは『エール』に出演しているし、大河も常連だもんね。そのうち、大河の主演もするかもっていうところか。女性主人公の大河ドラマは宮崎あおいの『篤姫』(2008年)が大ヒット飛ばしたからNHKも続々作ったけど、そこまでヒットに恵まれてないからね。NHKも期待したいんじゃない? それよりも謎なのは大泉洋だよ(笑)。

記者I『SONGS』の“番組の顔”としての役割が評価されたんじゃないかという声もあるようですが(参照記事)、とはいえ今年はNHKのドラマ作品に出ているわけじゃないですしね。それこそ、まさかの大河主演が待ち構えている可能性も……? そうなったら『水曜どうでしょう』ファンでネットは毎週大騒ぎになりそう。総合司会の桑子真帆アナは俳優の小澤征悦との交際が続いているようですが、“名家の壁”を超えられなかった小澤の元カノたちと同様に「結婚はまだ遠そう」とのことでした(参照記事)。

デスクH 桑子アナは2年前にフジテレビの谷岡慎一アナと離婚しているから、そこまで結婚に焦ってはいないだろうし、お互い気楽に付き合えているんじゃない? それより、今年の紅白は、やはり嵐がどうなるか気になるところだね。NHKの会長も反応していたし(参照記事)。

記者I NHKの定例会見で紅白の「有観客開催の可能性」をはっきりと否定した件ですね。日刊スポーツが報じた「紅白は有観客開催準備 嵐ラスト生で見られる可能性」といった記事への反論のようですが、もし本当に有観客で行うなら観覧募集をすでに開始しているはずですもんね。一部の芸能記者からはスポーツ紙系媒体が嵐のヨイショをしすぎている結果なのでは、という話も上がっているようです(参照記事)。

デスクH デイリースポーツが「アラフェス 2020 at 国立競技場」の経済効果が300億円で映画『鬼滅の刃』の興収以上だって出して、ファンから怒られたやつね(苦笑)。スポーツ紙は嵐が活動休止にあたってインタビューが取りたいのかね。うちもできるもんなら取りたいけど(笑)。

記者I「嵐・大野智のキス写真がまた流出」とか出しちゃっている時点でまず無理だと思いますよ(参照記事)。大野は08年に大麻疑惑が報じられた時も写真が流出していますし、割とツメが甘いんですかね。

デスクH ツメが甘いんじゃなくて、きっと大麻くんは性格がおおらかなんだよ!

記者I あ、形だけでもヨイショしてる。

12

嵐へのヨイショに辟易、“裏側”から撃たれる伊藤健太郎、沢口靖子歓喜の劇場化?…週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

映画監督・清水崇が語る最近のホラー映画

新作『忌怪島/きかいじま』の公開が控える映画監督・清水崇が世界を席巻するA24ほか、最近のホラー映画を語る!
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真