日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > V6井ノ原、渡瀬さん思い出し涙

V6・井ノ原快彦『A-Studio+』渡瀬恒彦さんとの交流を思い出して涙ぐむ

文=日刊サイゾー

V6・井ノ原快彦

 V6・井ノ原快彦が11月6日放送の『A-Studio+』(TBS系)に出演。衝撃を受けたという渡瀬恒彦(享年72)さんとのドラマ現場について語った。

 井ノ原は、渡瀬さんが2006年から17年まで主演を務めていた『警視庁捜査一課9係』にseason1から出演。渡瀬さんが亡くなってからは、役柄を引き継いだまま『特捜9』(同)と改題し、井ノ原が主役を引き継いでいる。

 渡瀬さんの印象について「初対面が一番印象に残っている」と明かした井ノ原。『警視庁捜査一課9係』は、「ちゃんと顔合わせするようなドラマじゃなかった。ものすごくスピーディ。ものすごく罵声というか怒声が飛び交うような現場だった」と振り返り、当時は「なんじゃこりゃ」と衝撃を受けたという。

 さらに、渡瀬さんと井ノ原が初めて2人きりのシーンを演じる直前に、渡瀬さんが「俺、あそこのシーンこうやって変えるけど『お前だったらどうする?』」と聞いてきたため、「こうですかね?」と返答すると「よし、やろう!」とすぐに撮影がスタートした回顧。台本をもらってからずっと読み込んできた内容が渡瀬さんの一言でガラッと変わり、井ノ原は「こんな世界あるんだ」と衝撃を受けたと明かしつつ「育てていただいた」と語った。

 またMCの笑福亭鶴瓶からは、同じドラマ共演者の吹越満から聞いたエピソードも明かされた。

「渡瀬さんが亡くなる直前にお見舞いに行った吹越が、渡瀬さんに『(井ノ原にメールで)何か言う?』と聞いたところ、渡瀬さんは井ノ原に対して『愛してる』と言っておいてほしいとお願いしたそうです。渡瀬さんの伝言に対して、井ノ原がメールを返信すると、再び吹越が渡瀬さんにメッセージを伝えるなど、『警視庁捜査一課9係』チームはドラマを超えた深い絆で結ばれているようで、通夜の話になると少し目をうるませる場面もありました」(芸能ライター)

 そして井ノ原は改めて、「いや~、あんな人とはもう出会わないだろうなっていうくらい。深瀬さんはあんまり多くを語らない人だったので」と述懐。井ノ原が怒るシーンを演じたあと、渡瀬さんから「怒るにもいろんなパターンあるんだよな」「俺もずっと考え続けてるんだよ」「なんパターンか数えたことあるんだよね」と言われ、「そのなかの一つとしてすごく良かったよ」と声をかけてもらったことがあると、印象深そうに語っていた。

 12年続いた前シリーズに続き、『特捜9』も長く愛される作品として引き継ぐことが井ノ原の役者としての使命なのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/09 07:00
関連キーワード

V6・井ノ原快彦『A-Studio+』渡瀬恒彦さんとの交流を思い出して涙ぐむのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

映画監督・清水崇が語る最近のホラー映画

新作『忌怪島/きかいじま』の公開が控える映画監督・清水崇が世界を席巻するA24ほか、最近のホラー映画を語る!
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

のん、地上波復帰の陰に…

 民放テレビ界から干され続けている女優・のん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真