日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『24時間テレビ』平野紫耀獲得できず

『24時間テレビ』平野紫耀を獲得できず! 募金額&視聴率を望めない番組にジャニーズが送り込んだ“敗戦処理班”

文=日刊サイゾー

日本テレビ公式サイトより

『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティーがついに発表された。V6の井ノ原快彦を筆頭に、NEWS・増田貴久、Kis-My-Ft2・北山宏光、ジャニーズWEST・重岡大毅、King & Prince・岸優太というメンバーが選出。しかし、これに対し「日テレもガッカリしてるでしょうね」と苦笑いするのは、芸能記者だ。

「当初はKing & Princeの平野紫耀とSexyZoneの中島健人をパーソナリティーにする予定だったそうですが、新型コロナウイルスの感染拡大によって『24時間テレビ』不要論が叫ばれるようになった。にもかかわらず、3月には日テレの小杉善信社長が定例会見で『必ずやる!』なんて息巻いちゃったもんだから、ネット上で批判が大噴出。これを受けてスポンサーもジャニーズも及び腰になってしまったとか。ジャニーズとしては売れっ子の平野と中島は、事務所の今後を背負って立つ2大スターに育てたい思惑があり、傷をつけるわけにいかないから、いわくつきの今年の『24時間テレビ』には出演させたくなかったようです。日テレとしては、特に平野に期待している部分も大きかったといいますから、ガッカリな結果になったでしょうね」

 とはいえ、番組には予定通り平野と中島も出演させるという。さらに嵐や、ほかのジャニーズのメンバーも出演予定だというが、「正直、このメンツじゃ視聴率は厳しいでしょう」と語るのは中堅芸能事務所幹部だ。

「ジャニーズ事務所きっての“スキャンダルに無縁”なメンバーを、見事に揃えたなという感じ。イノッチといい増田くんといい、清潔感は抜群だと思うけど、数字は持っていなさそう。売れっ子はいないし、地味な印象は拭えない。日テレもコロナ禍での番組強行は批判を受けるとわかっていて、なるべくクリーンなイメージのタレント、いわば緩衝材になるようなメンバーを集めたんでしょうね。やり口が姑息ですね~。正直、今回選ばれた5人は気の毒ですよ。だってどう考えても、今年は状況が状況なだけに募金額は伸びないでしょうし、マラソンもないんじゃ視聴率を稼ぐのも難しい。むしろ僕は敗戦処理をさせられる5人を応援したい気持ちになってきましたね(苦笑)」

 なんの因果か『24時間テレビ』パーソナリティー発表と同時に、テレビ朝日社員の新型コロナ感染が報じられ、テレビ業界にも不安が広がっている。そんな中で強行される『24時間テレビ』で、敗戦処理班はどう立ち回るのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/07/08 14:54

『24時間テレビ』平野紫耀を獲得できず! 募金額&視聴率を望めない番組にジャニーズが送り込んだ“敗戦処理班”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

コント番組が乱立、区別つかず!? 

お笑いブームがいよいよ極まってきている。ただ...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真