日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”
『脳天パラダイス』公開記念インタビュー

白い粉、血痕、そして銃声でリアル通報…のぶっ飛び撮影 小川未祐が語る「私がキマる瞬間」とは?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

白い粉、血痕、そして銃声でリアル通報…のぶっ飛び撮影 小川未祐が語る「私がキマる瞬間」とは?の画像1 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常に時代を先行してきた山本政志監督の新作映画『脳天パラダイス』が、11月20日から全国で公開される。

 今回は山本監督の約5年ぶりとなるこの長編映画で、主要キャストのひとり「あかね」役にオーディションで選ばれた若手女優・小川未祐にインタビューを敢行。それにかこつけて、本作のタイトルに掛けた“彼女がもっともキマる瞬間”を聞いた。

 大豪邸に住む笹谷家の家長・修次(いとうせいこう)、引きこもり気味の息子ゆうた(田本清嵐)、娘あかねの3人は、修次の破産により暗い気持ちで引越し準備をしていたが、不甲斐ない修次にイラつきながら、あかねがツイッターに投稿した写真とメッセージが一家を思いもよらぬ運命に導いていく――。

 そんなあらすじの本作。山本監督のありあまるパワーとイメージが炸裂しており、豪邸を訪れる珍客が繰り広げるドンチャン騒ぎを描いている。

「山本監督はすごくおもしろい方でした。オーディションでも、ただジャッジするだけではなく、『もっとこういうのはどうだろう?』と一緒にお芝居をつくっていくような感じで、現場でお芝居できるのが楽しみでした」と、山本監督の第一印象を語る小川さん。

 最近ではNHKのヒューマンドラマ『ゴールド!』に出演するなど、シリアスなドラマで役を得ることが多い彼女。実は今回オーディションで役が決まるまで、山本監督の作品は観たことがなかったそうだ。

「オーディションに向けて事前に山本監督のプロフィールなどは調べましたが、実際に監督の作品を初めて観たときは『ハチャメチャだなぁ!』という印象で(笑)。カラフルな色使いの映像が印象的で、登場人物のインパクトも強く残るし、今まで私が参加した作品のどれとも違う、新しい感覚でしたね。今回の役が決まって脚本を通して読んでも、やっぱり文字では想像できない部分も多くて……。そこは現場に行って考えるしかないと腹を決めて挑みました。『脳天パラダイス』の前後がわりとシリアスな作品の撮影だったので、気持ちの切り替えは少し大変でしたね」

123

白い粉、血痕、そして銃声でリアル通報…のぶっ飛び撮影 小川未祐が語る「私がキマる瞬間」とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真