日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > “マッチ祭”を回避できたテレビ各局

ジャニーズが処分したおかげで“マッチ祭”を回避できたテレビ各局

文=日刊サイゾー

ジャニーズが処分したおかげでマッチ祭を回避できたテレビ各局の画像1
写真/GettyImagesより

 12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた不倫報道を認め、ジャニーズ事務所が無期限の芸能活動自粛を発表した歌手の近藤真彦。これに伴ってフジテレビは、近藤の『FNS歌謡祭』第1夜(12月2日)の出演辞退を発表した。

 同番組が出場歌手を発表したのは、近藤の不倫報道後。当初、各メディアはジャニーズからの“後追い禁止令”を受けスルーしていただけに、どさくさに紛れるように発表した格好だった。

「当然、ネット上では『なんでマッチが出れるの』『出場辞退でしょ』などの書き込みが殺到し大炎上。もしジャニーズが処分を下さずにそのまま出演させていたら、さらに批判が殺到していただろう。フジとしては事務所の活動自粛発表で助かったのでは」(芸能記者)

 今年10月、数々のヒット曲を世に送り出した作曲家の筒美京平さんが誤嚥性肺炎のため死去。筒美さんは大ヒットした近藤のデビュー曲「スニーカーぶる~す」を手掛けていただけに、『FNS』には筒美さんの追悼企画として近藤の出演が予定されていた。どうやら今回の顛末に、他局の音楽番組制作陣が胸をなで下ろしているというのだ。

「筒美さんの功績は偉大なだけに、『日本レコード大賞』でも『NHK紅白歌合戦』でも追悼企画を放送するだろう。となると、そこにジャニーズが今年40周年のマッチを押し込んでくるのは必至。とはいえ、若い人はマッチを知らないので、出たらチャンネルを替えられてしまうだろう。ネットでは批判が殺到して“マッチ祭”のような状態になっただろうから、それを回避できた点ではジャニーズに感謝といったところだ」(音楽業界関係者)

 もしかしたら番組で、近藤が歌っている過去のVTRくらいは流れるかもしれないが、そうだとしても出演者がコメントすることはなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/20 15:00

ジャニーズが処分したおかげで“マッチ祭”を回避できたテレビ各局のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真