日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  >  山本政志監督のトリップ映画『脳天パラダイス』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.610

愛ではなく、いい加減さが閉塞した世界を救う! 山本政志監督のトリップ映画『脳天パラダイス』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

愛ではなく、いい加減さが閉塞した世界を救う! 山本政志監督のトリップ映画『脳天パラダイス』の画像1
合法的トリップムービー『脳天パラダイス』。頭のネジが2~3本抜け落ちること確実。

 脳内一面に、ぱぁ~とお花畑が広がるような感じ。山本政志監督の久々の新作映画『脳天パラダイス』をひと言で説明すると、そんな感じ。頭の中に色とりどりのお花たちが咲き乱れ、楽しければもうそれだけで充分じゃないですか。もっと、みんな「いい加減」になりましょうよ。上映時間95分を、『脳天パラダイス』は“観るドラッグ”として楽しませてくれる。

 主人公一家のお父さん・修治には、小説『想像ラジオ』が高く評価されたマルチクリエイターのいとうせいこう。恋多きお母さん・昭子には、『葛城事件』(16)などのシリアス演技から180度転換した南果歩。ニートの息子・ゆうたは、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08)で少年ゲリラを熱演した田本清嵐。大騒動の火種となる末娘・あかねに、オーディションで選ばれた小川未祐。また、山本政志監督が見つけたいい感じの外国人やミュージシャン、大道芸人らも多数出演している。プロとアマが渾然一体化したお花畑ムービーだ。

 物語はいたってシンプル。東京郊外の大きな邸宅で暮らしていた修治(いとうせいこう)たち一家は、修治が株の投資に失敗したことで家を出ていくことになった。引越し当日、息子のゆうた(田本清嵐)は、庭をうろついているホームレスふうのじじい(柄本明)や野良猫を相手にのほほんとしている。シビアな現実を直視しようとしない父や兄に、末娘のあかね(小川未祐)はプチ切れ。ツイッターで「今日、パーティーしましょう。誰でも来てください」と投稿する。

 あかねがふて寝している間にツイッターは広まり、男をつくって家を出ていった母親の昭子(南果歩)、結婚式を挙げたいというゲイのカップル、台湾から来た観光客の母子らが集まる。あかねの友達、運送業者も加わり、慎ましく始まった宴会は次第に盛り上がっていく。

 ホームレスじじいがすでに息をしていないことが分かり、ゲイカップルの結婚式とじじいの葬式を同時に行なうことになる。屋敷の近くにはケシの花が植生しており、ノリのいいパーティーに気をよくした大麻愛好家がご焼香の代わりにマリファナを焚き始める。庭一面に甘~い匂いが立ち込め、かつてない空前のどんちゃん騒ぎへと発展する。常識と非常識、エロスとタナトス、愛と憎しみ……、性別も国籍もあらゆるものはボーダーを失い、呑めや歌えやのお花畑パラダイスが広がっていく。

 

123

愛ではなく、いい加減さが閉塞した世界を救う! 山本政志監督のトリップ映画『脳天パラダイス』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

令和喜多みな実・河野、関西若手漫才師の至宝

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真