日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 強盗犯を愛してしまう人質の心理を描いた『ストックホルム・ケース』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.608

強盗犯を愛してしまう人質の奇妙な心理とは? 実録犯罪ドラマ『ストックホルム・ケース』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

強盗犯を愛してしまう人質の奇妙な心理とは? 実録犯罪ドラマ『ストックホルム・ケース』の画像1
「ストックホルム症候群」の語源となった実在の事件を描いた『ストックホルム・ケース』

 誘拐事件や監禁事件において、被害者が犯人側に対して共感や好意を覚えることが少なからずある。「ストックホルム症候群」と呼ばれるものだ。カナダ・スウェーデン合作映画『ストックホルム・ケース』(原題『STOCKHOLM』)は、その語源となった銀行強盗事件の顛末を描いたノンフィクションドラマとなっている。実録犯罪ものでありながら、まるでコメディのようなおかしみがある。

 1973年、スウェーデンの首都ストックホルムで事件は起きた。社会からのはみ出し者・ラース(イーサン・ホーク)は、“自由の国”米国に逃れるためにサブマシンガンを手に銀行を襲撃する。女性行員のビアンカ(ノオミ・ラパス)らを人質にしたラースは、刑務所に収容されているグンナー(マーク・ストロング)の釈放、USドル100万ドル、スティーブ・マックイーンが映画『ゲッタウェイ』(72)で乗っていたマスタングを逃走車として用意せよと要求する。スウェーデンで初めて起きた人質事件に、警察も政府も驚きを隠せない。

 グンナーはすぐに釈放され、ラースと合流。2人は古くからの仲間だった。だが、100万ドルと逃走車はなかなか用意されない。犯人側の要求にすべて応じていては、政府や警察側の威信にかかわるからだ。警察が人命救助を第一に考えていないことが分かり、人質たちは警察に不信感を感じるようになっていく。

 ビアンカは、ラースが数年前に新聞に載っていたことを覚えていた。ラースは以前にも老夫婦宅に押し入ったが、心臓発作を起こした夫を妻に頼まれて救ったことが記事には書かれていた。ラースが根っからの悪人ではないことを、ビアンカは見抜いていた。

 お人好しで、悪人にはなりきれないラース、夫と子どもに恵まれて平和な家庭を築いているものの、心のどこかで刺激を欲しているビアンカ。2人は銀行強盗犯と人質という特殊な関係の中で、お互いに惹かれ合うようになっていく。

123

強盗犯を愛してしまう人質の奇妙な心理とは? 実録犯罪ドラマ『ストックホルム・ケース』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

東海テレビが記録映画を作るワケ

 東海テレビが制作し、東海テレビの放送エリアだけで流れたドキュメンタリー番組『さよなら...
写真