日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > TWICE、紅白落選も話題にならず

TWICE、紅白落選も話題にすらならず! 事務所も「NiziUシフト」に切り替えで賞味期限迫る

文=日刊サイゾー

TWICE、紅白落選も話題にすらならず! 事務所も「NiziUシフト」に切り替えで賞味期限迫るの画像1
TWICE公式サイトより

 正式デビュー前にもかかわらず、『NHK紅白歌合戦』への出場を決めたNiziU。11月以降は暮れの音楽番組への出演が続々と決定し、12月からは日本テレビで冠バラエティ番組『We NiziU!TV』がスタートするというから凄まじい快進撃だ。

 一方で、同じJ.Y.Parkプロデュースの多国籍ガールズグループTWICEは、2018年から3年連続で『紅白』に出場していたが、今年はついに落選してしまった。

「紅白に関しては完全にNiziUにシフトした形ですね。2組の所属事務所であるJYPエンターテインメントも今は完全にNiziUをプッシュしていますし、紅白サイドもNiziUが出るならTWICEは必要ないと判断したんでしょう。正直、昨年出場した時に17年にヒットした『TT』を歌唱してたので、そろそろ賞味期限切れかなとは思っていた(苦笑)。実際、落選したことも話題にすらなってないし、日本での活動はいよいよ限界かもしれません」(レコード会社関係者)

 根強いファンはいるものの、これといったヒット曲がないのもTWICEの弱点になっている。ヒット曲もなく、韓国での活動があるため日本でのプロモーションも満足にはできない。そうした状況が4年以上続き、日本では完全に斜陽になってしまったようだ。

「せめてプロモーションの時にもっとバラエティ番組に出たりしたら、まだまだ伸び代がありそうなんですけどね。そこはほかのK-POPグループとは違い日本人メンバーがいる分、アドバンテージがあったはずなんです。しかしそれも、NiziUの登場で完全に取って代わられてしまうでしょう。韓国では今年リリースしたアルバムがすごくヒットしたので、まだまだ人気は衰えていない。今後は新型コロナウイルスの影響もあることですし、韓国活動に集中することになるかもしれませんね」(K-POPライター)

 日本のファンにとっては少々寂しくなりそうだが、K-POPスターとしてさらなる高みを目指してほしいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/11/23 09:00

TWICE、紅白落選も話題にすらならず! 事務所も「NiziUシフト」に切り替えで賞味期限迫るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

問題案件連発でジャニーズ帝国崩壊!?

マッチの不倫や山下智久の退所などが重なり、ジャニーズの根幹がゆらぎ始めている…。
写真
人気連載

小室圭さん母の元婚約者が最後の“賭け”?

今週の注目記事・第1位「後援者2500人パー...…
写真
インタビュー

サッカーメディアの今後は?

 ヨーロッパから南米まで、世界中の最先端の戦術からクラブ経営の裏側まで多角的に取り上...
写真