日刊サイゾー トップ > 社会  > 国交省、タクシー料金に新制度導入!

国交省、タクシー料金に新制度導入! 複雑すぎる内容に現場も利用者も大混乱必至

文=鷲尾香一(わしお・こういち)

国交省、タクシー料金に新制度導入! 複雑すぎる内容に現場も利用者も大混乱必至の画像1
※イメージ写真(GettyImagesより)

 タクシーに「定期券」や「回数券」といった新たな利用方法が導入される。タクシー市場の活性化と利用者利便の向上を狙った新制度だ。11月30日からタクシー事業者の新制度利用の申請を開始した。

 赤羽一嘉国土交通相が11月27日の会見で新制度の導入を発表した。新たに導入されるのは、定期券や回数券のような機能を持った「一括定額運賃」と需要の増減に応じ、迎車料金を変動させる「変動迎車料金」。

「一括定額運賃」はタクシーの複数回の利用分の運賃を一括して支払う制度で、定期券や回数券のように同じ区間を複数回利用できるため、通勤や病院への通院などに継続利用でき、一括清算により割安になることが期待できる。また、国交省では他の交通モードと連携した観光用フリーパス等も推進したい意向だ。

 タクシー運賃には基本として、初乗運賃と加算運賃を定め、旅客の乗車地点から降車地点までの実車走行距離に応じた「距離制運賃」、初乗運賃と加算運賃を定め、旅客の指定した場所に到着したときから旅客の運送を終了するまでの実拘束時間に応じた「時間制運賃」と「定額運賃」がある。

 この「定額運賃」は、空港と鉄道駅などの一定の施設や一定のエリアの間で事前に金額を定めて運送するケースや、イベントの開催期間中に駅や空港などからイベント会場の間を事前に金額を定めて運送するケース、あるいは観光地の名所旧跡などを事前に金額を定めて運送するケースなどがある。

 つまり、「一括定額運賃」は現在の「定額運賃」が1回なのに対して、これを複数回利用できるようにし、タクシー利用を活性化しようというものだ。しかし、現時点では疑問点も多い。

「一括定額運賃」はタクシー事業者が申請することで実施可能となるが、例えば、自宅から鉄道駅までの一括定額運賃は、AタクシーとBタクシーでは同一料金になるのか、あるいは、現在でも「定額運賃」には割引が認められているものもあるが、「一括定額運賃」になった場合の割引率との関係はどうするのか。公共的割引として、「身体障害者割引」や「知的障害者割引」といった福祉政策としての割引があるが、これらとの関係はどうなるのか、などは明らかではない。

 また、「一括定額運賃」を利用しているケースで、例えば、鉄道事故などで行先を変更した場合といったイレギュラーなケースの料金体系がどうなるのか、なども不明だ。

 一方、タクシーの需要の増減に応じ、迎車料金を変動させる「変動迎車料金」は、利用者が少ない時には迎車料金を安く、利用者が多い時には迎車料金を高く設定することができる。ただし、トータルでは、固定迎車料金と変わらないよう変動させること等が条件となっている。

 ただ、現状の迎車では、「迎車回送料金」として1車両1回ごとの定額とする、あるいは発車地点より実車扱いとし、初乗運賃額を上限とする、のいずれかを選択することが決まっている。

 さらに、「サービス指定予約料金」として、時間指定配車料金と車両指定配車料金があり、時間指定配車料金は、予約で指定した時間に車両を配車する場合に適用され、車両指定配車料金は、予約によりワゴン車などを依頼にした場合に適用される。両料金とも1車両1回ごとの定額となっている。

「迎車回送料金」もタクシー事業者が申請することで実施可能となるが、導入する場合にはAタクシーとBタクシーでは同一料金になるのか、あるいは「迎車回送料金」、「サービス指定予約料金」との関係がどのようになるのかは明らかではない。加えて、「一括定額運賃」と「変動迎車料金」との関係も定かではない。

 国交省では今回の新制度と合わせて、検討を進めていた配車アプリを通じて目的地の近い旅客がマッチングし、「相乗りする制度」についても、新型コロナウイルス感染症の感染状況を見極めながら導入時期を検討するとしている。

 この配車アプリを使った制度では、「事前確定運賃」がある。これは、配車アプリの地図機能を使って、乗車地点と降車地点との間の推計走行距離を基に、距離制運賃に準じて乗車前に運賃額を確定するもの。ただ、「相乗りする制度」の場合に、「事前確定運賃」がどのようになるのかは不明だ。

 「一括定額運賃」は地方のタクシー会社で、「変動迎車料金」は大都市部での需要を見込んでいるが、果たして“目論見通り”になるだろうか。国交省では、今回の新制度については、定期的なモニタリングを行い、必要に応じて見直しを行うとしているが、まずは、利用者のわかりやすい仕組みと料金体系にしなければ、需要を呼び起こすのは難しいだろう。

鷲尾香一(わしお・こういち)

鷲尾香一(わしお・こういち)

経済ジャーナリスト。元ロイター通信の編集委員。「Forsight」「現代ビジネス」「J-CAST」「週刊金曜日」ほかで執筆中。

記事一覧

Twitter:@tohrusuzuki

最終更新:2020/12/02 08:00

国交省、タクシー料金に新制度導入! 複雑すぎる内容に現場も利用者も大混乱必至のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

蒼井優主演『フラガール』俳優になる原点

 こんばんは、宮下かな子です。  2年程前か...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真