日刊サイゾー トップ > カルチャー > YouTube  > 石橋貴明、YouTubeが絶好調で「俺様」化!?

石橋貴明、YouTubeが絶好調で「俺様節」も復活!? テレビ再復帰と鈴木保奈美へに焦り

文=日刊サイゾー

石橋貴明、YouTubeが絶好調で「俺様節」も復活!? テレビ再復帰と鈴木保奈美へに焦りの画像1
石橋貴明(Getty Images)

 このところYouTuberとして大活躍しているとんねるず・石橋貴明。昭和のテレビを作ってきた天才芸人の華麗なる転身に、驚きの声がやまない。

「当初、テレビ関係者の中には石橋さんのYouTuber転身を冷ややかな目で見ている人もいました。というのも、とんねるずがテレビから姿を消したのは高額なギャラも問題でしたが、何より視聴率も話題も取れない『落ち目の大御所』になったから。しかし、YouTubeという群雄割拠の世界でしっかりと結果を出したことで、テレビマンたちは『自分たちの価値観が間違っていたのか』と再度、石橋貴明にフィーチャーした番組企画が持ち上がり始めています」(民放関係者談)

 ただし、相方である木梨憲武は、趣味の絵画や音楽の制作などに没頭しており、テレビ界にガッチリと戻る気配はなさそうだが、石橋はいまだに鼻息が荒いようだ。

「YouTubeを始めた頃に『すぐに辞めてテレビに帰る』と愚痴をこぼしていたようですが、そのスタンスは今もあまり変わっていないとか。ただ、YouTubeの総合演出を任されているマッコイ斉藤さんから、まだテレビに戻るタイミングではないと諭されているようです」(民放関係者談)

 そんな中、民放各局はすでに“石橋詣で”を始めているという。

「電通や博報堂などの広告代理店からは、フワちゃんのようにYouTubeやSNSでの発信力が大きいタレントをブッキングするよう、各局にお達しが出ている。特にフジテレビは世帯の視聴率が壊滅的な中で、新たに“キー特性”と言われる13歳から49歳までの視聴者を今後の視聴率の指針とすると発表したこともあり、ネットで影響力のあるタレントを使いたい。過去の蜜月関係もあって、もっとも熱心に石橋を口説いているところです」(民放関係者談)

 そうしたテレビ関係者の動きもあり、最近ではおとなしくなっていた石橋にも変化が出ているんだとか。

「出演依頼が急増したことで、石橋の“俺様節”が復活しているようです。単発のゲスト出演には応じずに、自分が好きなゴルフや野球などの番組でレギュラーなら受けると無理難題を言っているようです。流石に、ネットで影響力が出たからとはいえ石橋メインのスポーツ番組では若年層の視聴者は獲得できず、フジの窓口として交渉にあたっている幹部も頭を抱えています」(民放関係者談)

 また、石橋としても一刻も早いテレビ復帰を熱望するには、ある思惑があるという。

「石橋はいまだに自分がYouTubeで活躍しているという実感もなく、まだ収益も上がっていない段階で、すでに飽き始めているようです。妻である鈴木保奈美はドラマ出演など大きな仕事がある中で、自分が過去の人として扱われることはプライドが許さないんでしょうね。そのジレンマから鈴木への束縛が激しくなり、週刊誌でも不仲説が取り沙汰されましたよね。そういった空気をマッコイ斉藤も読んでいて、ベーシストの後藤次利を絡めて楽曲制作やマッコイ斉藤の手引きで山形県知事と会談するなど石橋好みの派手な演出も始めていますが、どうなることやら」(民放関係者談)

 テレビと石橋貴明の思惑が一致すれば、再度プライムタイムでの冠番組復活なんて展開もあるのだろうか? 今後に期待したいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/02 17:30

石橋貴明、YouTubeが絶好調で「俺様節」も復活!? テレビ再復帰と鈴木保奈美へに焦りのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

8歳から内職、経験職種は100種類…作家「爪切男」

 デビュー作『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)で自分の愛した女性たちを描き、ドラマ化さ...
写真