日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 伊藤健太郎降板で明治座公演“空席祭”に

ジャニーズJr.原奮闘も…伊藤健太郎降板のおかげで“空席祭”になってしまった明治座公演

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ジャニーズJr.原奮闘も…伊藤健太郎降板のおかげで空席祭になってしまった明治座公演の画像1
伊藤健太郎

 ジャニーズJr.の原嘉孝らが5日、東京・中央区の明治座で行われた舞台『両国花錦闘士』の公開ゲネプロ&取材会に出席したことを、各スポーツ紙が報じた。

 同日に初日を迎えた同舞台は、もともと10月に道路交通法違反(ひき逃げ)などの容疑で警視庁に逮捕され、釈放された俳優の伊藤健太郎が主演予定。岡野玲子さんの同名マンガが原作で、原は当初、主人公の兄役だったが、急きょ代役として美形で痩せ形のナルシシスト力士役で主演を務めることになった。

「明治座としては、公演中止だけは避けたかったが、代役探しが難航。結局、ほかの役をやる予定だった原を“繰り上げ”にするしかなかった。明治座からすれば原は“救世主”のような存在となった」(演劇担当記者)

 原は取材会に浴衣姿で再登場。代役の話を受けた時は、その場で快諾したそうで、「座長になったからといって、何もできないのですが、(舞台に対する)姿勢だけはブレずにやっていこうと思いました」と語った。

 また、「セリフは最初から覚え直した」と明かし、役作りも共演者たちから毎日電話をもらい支えられたというが、公演としては伊藤の降板がかなりのダメージになってしまったというのだ。

「当初はそれなりにチケットは売れていた。しかし、伊藤の降板で払い戻しの受け付けを開始したところ、大量のチケットが払い戻しになってしまい、8日以降の公演は5500円のA席は完売の日もあるが、1万2000円のS席は千秋楽まで全日程で売れ残ってしまっている状態。原はジャニーズとはいっても、CDデビューしているわけではないので、こうなってしまうことは関係者の間でもある程度予測できていたようだが、関係者にとっては厳しい現実を突きつけられることになった」(芸能記者)

 公演中止となって、損害賠償を請求されなかった伊藤だけが特をしたようだ。

最終更新:2020/12/08 19:00

ジャニーズJr.原奮闘も…伊藤健太郎降板のおかげで“空席祭”になってしまった明治座公演のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真