日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤浩次と高橋真麻がギクシャク

加藤浩次と高橋真麻がギクシャク!? 『スッキリ』視聴者から「毎回不穏な空気」と心配の声

文=日刊サイゾー

『スッキリ』日本テレビ公式サイトより

 12月8日の『スッキリ』(日本テレビ系)では、冬野菜の値崩れを特集。白菜や大根・ほうれん草が例年比べて半値近く下がってきているといい、消費者には嬉しい一方で生産者は苦労を強いられているというが、MCを務める極楽とんぼ・加藤浩次とコメンテーターとして出演している高橋真麻の意見が分かれ、不穏な空気が流れる瞬間があった。

 野菜の値崩れについて意見を求められた高橋は、7月頃は野菜が高騰していたとしたうえで「なかなか5ヵ月で値段がこんなに変わってしまうのは、昔からそうですけど農家の人たちって大変だなって思っている」とコメント。また、自分の経験談として「私が使っている野菜の通販サイトって、多少は上下するんですけど、そんな5割安くなったりとかしなくって。そういう意味で、あんまり値段が上下しないように、どうにかならないのかなと思いました」と語った。

 これに対して加藤が「まぁ、だからJAが値段調整してるんでしょうけどね、うん。収穫量と比べながら」と説明すると、高橋は納得いかない様子で「それにしても(値段の)幅が……振れ幅が大きすぎるなと思って」と反論。加藤は、「真麻さんが買ってるところがアレかな?JAに参加してない農家なのかもしれないですね。だから、やっぱりサイトが価格をしっかり守りながらやってるっていうところもあるんでしょうね」と諭していた。

「加藤と高橋と言えば、つい最近も『Go To トラベル』の運用見直しについて意見が真っ向から対立し、ネット上で話題になったばかり。そのときは、視聴者の意見も賛否が分かれており『こういう真面目な討論はやるべき』と好意的に受け止められていたのですが、今回は『真麻、加藤の言葉にキレてるな、顔が』『スッキリ見てるけど高橋真麻って加藤と合わないよね。的外れなことばっか言うしなんで出演してるんだ?』などの声があがることに。

 さらに、加藤の口調が強く聞こえたことや、コメント後の高橋がふてくされているように見えたこともあり、視聴者からは『加藤さんって真麻さんのこと嫌いなんかな?笑』『スッキリ見ててよく思うけど加藤さんって高橋真麻さんとあまり相性良くないのかな?』『まーささんと加藤さん最近合いませんねー。最近毎回ギスギスしてない?』『毎回不穏な空気』と心配の声も寄せられていました」(芸能ライター)

 その後のコーナーでは、高橋が料理を教えてもらうコーナーが放送され、和やかなムードで進んでいたため、決して仲が悪いというわけではなさそうだったが……。お互いに意見が一致せずとも、色々な意見を伝えるという点では対立することも悪いことではないのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/09 06:00

加藤浩次と高橋真麻がギクシャク!? 『スッキリ』視聴者から「毎回不穏な空気」と心配の声のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

女優・小川未祐の“私がキマる瞬間”

 『闇のカーニバル』(1982年)や『ロビンソンの庭』(87年)など、独創的な作品で常...
写真