日刊サイゾー トップ > 芸能  > てんちむ「バーレスク」で同僚が怒り?

てんちむ、「バーレスク」歴代最高チップ獲得も…特別扱いに同僚ダンサーが反発⁉

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

てんちむ、「バーレスク」歴代最高チップ獲得も…特別扱いに同僚ダンサーが反発⁉の画像1
YouTube『てんちむCH』より

 いきなり「主役」を奪われたことで、女たちの“嫉妬”にさらされるかもしれない。

 タレントの“てんちむ”こと橋本甜歌が東京・六本木のショーレストラン「バーレスク東京」で12月5日、ステージデビューした。

「てんちむは2018年にバストアップブラのプロデュースを発表するも、今年9月、6年前に豊胸手術を受けていたことを明かして謝罪。約4億円の損害賠償の支払い義務が生じていることを告白しました。全額返済を目指し、これまで続けてきたYouTuberとしての活動のほかにバーレスクに参戦することになりました。7日に更新したインスタグラムでは、2日間でチップが同店の歴代最高となる200万円相当となったことを報告しています」(芸能ライター)

 てんちむは、登場するステージ全て「クイーン」と呼ばれるセンターポジションに立ったというが、この特別扱いに、これまで同店を支えてきた同僚ダンサーたちはおもしろくなかったことだろう。

「てんちむは借金返済のために銀座のホステスとしても働いていますが、バーレスクは本来、夜の仕事との兼業はNG。とりわけ、今年はコロナで収入が激減で苦しかったにもかかわらず、ダンサーたちは『バーレスク』のプライドを持って耐えてきた。しかし、てんちむだけはホステスとの兼業が許されたことに不満を持っている人が多いと聞きます。一方で、バーレスクの家賃が月1500万円だとオーナーが語っており、登録者数が139万人いるてんちむのユーチューブ動画で宣伝してもらえるのは、店にとってもありがたいはず。店を維持していくためにも、特別扱いはやむなしと判断されたのでしょう」(前出・芸能ライター)

 バーレスク東京のダンサーとしても活躍するグラビアアイドルのCOCOは、6日のDVD発売記念イベントにて、「バーレスクの座を奪われないように、私ももう一回気合入れ直して頑張りたい」と語っていたが、てんちむをめぐって女のバトルが勃発しそうな気配だ。

最終更新:2020/12/09 23:00

てんちむ、「バーレスク」歴代最高チップ獲得も…特別扱いに同僚ダンサーが反発⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

元美容部員が解説“メンズメイク”のススメ!

 メンズメイクという新しい言葉をテレビやメデ...…
写真
インタビュー

永尾まりや、続・グラビア宣言

 元AKB48で現在は女優、タレントなど多方面で活躍している永尾まりやさん。とりわけ...
写真