日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > 「バンテリンドーム」名称の悩ましい懐事情

ナゴヤドーム、「バンテリンドーム」名称変更に驚きの声!!初「命名権」導入の悩ましい懐事情

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

ナゴヤドーム、「バンテリンドーム」名称変更に驚きの声!!初「命名権」導入の悩ましい懐事情の画像1
中日ドラゴンズウェブサイトより

 プロ野球、中日ドラゴンズが本拠を構えるナゴヤドームのネーミングライツを医薬品などを手がける興和が2021年から5年間契約締結したことが発表された。来年1月から「バンテリンドーム ナゴヤ」が新たな名称となる。

 ナゴヤドームでは、1997年3月の開場以来、ネーミングライツの導入は初めて。契約金額は発表されていないが、地元経済界関係者は「大規模ホール『日本ガイシホール』など、名古屋市内の公共施設の命名権を買った日本碍子は17年4月から22年3月31日までの5年間で、1年あたり1億2000万円で契約を結んでいます。観客動員数や規模を考えると、少なく見積もっても単年で倍の2億4000万円での契約はかたい」とみている。

 また、このタイミングでの導入にはこんな見方もある。

「ナゴヤドームの社長は中日新聞社長、中日ドラゴンズオーナーの大島宇一郎氏が務めている。ドラゴンズを巡っては近年、資金不足が噂される機会が目立ち始めており、今回のような命名権売却に踏み切ったのではないか。売れる者ものは売って、新たな資金源をつくりたい思惑が見え隠れする」(同)

 本業の新聞は時代の波に抗えず下降し始めているが、打開策は見いだせていない。まわりまわって金欠球団を助けると思えば、地元企業にとってもメリットがあるということのようだ。

最終更新:2020/12/12 17:00

ナゴヤドーム、「バンテリンドーム」名称変更に驚きの声!!初「命名権」導入の悩ましい懐事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

女優・小川紗良、初の長編映画

 2019年、連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合)に出演して以降、『フォローされ...
写真