日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > アンミカ、今年の漢字“愛”に猛反発

ただの綺麗ごと!? アンミカ『バイキング』で発表した今年の漢字“愛”に視聴者が猛反発

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 12月14日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で番組出演者たちの「今年の漢字」が発表された。

 この日、京都の清水寺で日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」が発表された。番組では発表直前、清水寺と中継をつなぎつつ、出演者たちが思う今年の漢字を発表することに。MCの坂上忍は「忍」、俳優の松尾貴史は「離」、タレントの野々村真は「迷」、フリーアナウンサーの高橋真麻は「家」だった。

 そんな中、モデルでタレントのアンミカが「今年の漢字」として発表したのは「愛」。これにアンミカは「理由があるんです!」と叫びながら、「こうあってほしい。本当は試練の『試』。試されるって意味も自然界においていろんな意味でって思ったんですけど」ともうひとつの候補について触れつつ、「愛がないと持たなかったなと思うんですよ」と最終的に選んだ理由について明かした。

 また、アンミカは「誰かのためとか家族のためとか、誰かにうつさない、外国にあることも自分ごととして捉える。誰が為にって思うことって、結局愛情がなかったら乗り越えられなかったなって思うから」と説明。「そういう意味で、『愛』であってほしいという願いを込めてるだけです」と、「愛」が選ばれてほしいという想いを明かしていたが、坂上からは「そのうち通販で愛を売り出すんじゃない」と揶揄されてしまっていた。

「また、これには視聴者からも『ただのきれいごと』『こうあってほしいって…今年の漢字ってそういうんじゃないから』『そんなこといったら毎年愛でしょ』といった冷たい声が寄せられています。アンミカといえば、芸能界でも屈指のポジティブシンキングとして知られ、寝る前には夫と『ハッピー、ラッキー、ラブ、スマイル、ピース、ドリーム』を組み合わせた『H・L・L・S・P・D』をふたりで唱えているというのは有名な話。そんなアンミカだからこそ『愛』という言葉を選んだようですが、1年コロナ禍に苦しめられた人も多いなか、なかなか納得は得られなかったようです」(芸能ライター)

 その後発表された今年の漢字は「密」。アンミカの「愛」と違って多くの人から納得の声が上がっていた。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2020/12/15 07:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真