日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > アンミカ、今年の漢字“愛”に猛反発

ただの綺麗ごと!? アンミカ『バイキング』で発表した今年の漢字“愛”に視聴者が猛反発

文=日刊サイゾー

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 12月14日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)で番組出演者たちの「今年の漢字」が発表された。

 この日、京都の清水寺で日本漢字能力検定協会が「今年の漢字」が発表された。番組では発表直前、清水寺と中継をつなぎつつ、出演者たちが思う今年の漢字を発表することに。MCの坂上忍は「忍」、俳優の松尾貴史は「離」、タレントの野々村真は「迷」、フリーアナウンサーの高橋真麻は「家」だった。

 そんな中、モデルでタレントのアンミカが「今年の漢字」として発表したのは「愛」。これにアンミカは「理由があるんです!」と叫びながら、「こうあってほしい。本当は試練の『試』。試されるって意味も自然界においていろんな意味でって思ったんですけど」ともうひとつの候補について触れつつ、「愛がないと持たなかったなと思うんですよ」と最終的に選んだ理由について明かした。

 また、アンミカは「誰かのためとか家族のためとか、誰かにうつさない、外国にあることも自分ごととして捉える。誰が為にって思うことって、結局愛情がなかったら乗り越えられなかったなって思うから」と説明。「そういう意味で、『愛』であってほしいという願いを込めてるだけです」と、「愛」が選ばれてほしいという想いを明かしていたが、坂上からは「そのうち通販で愛を売り出すんじゃない」と揶揄されてしまっていた。

「また、これには視聴者からも『ただのきれいごと』『こうあってほしいって…今年の漢字ってそういうんじゃないから』『そんなこといったら毎年愛でしょ』といった冷たい声が寄せられています。アンミカといえば、芸能界でも屈指のポジティブシンキングとして知られ、寝る前には夫と『ハッピー、ラッキー、ラブ、スマイル、ピース、ドリーム』を組み合わせた『H・L・L・S・P・D』をふたりで唱えているというのは有名な話。そんなアンミカだからこそ『愛』という言葉を選んだようですが、1年コロナ禍に苦しめられた人も多いなか、なかなか納得は得られなかったようです」(芸能ライター)

 その後発表された今年の漢字は「密」。アンミカの「愛」と違って多くの人から納得の声が上がっていた。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/15 07:00

ただの綺麗ごと!? アンミカ『バイキング』で発表した今年の漢字“愛”に視聴者が猛反発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

想田和弘監督、妻も仰天発言

『精神』『選挙』など、一切のナレーションやテロップを排したドキュメンタリーである「観...
写真