日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 任天堂の独壇場! 2020年国内ゲームランキング

任天堂の倒し方がわかりません!2020年国内ゲームランキングは任天堂の独壇場

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 

任天堂「あつまれどうぶつの森」ウェブサイトより

 12月11日、ゲオストアが全国のゲオショップ約1,200店舗で取り扱った新品・中古のゲームソフト、ゲーム機器の販売数量を集計し、「2020年ゲオ年間ゲーム販売数量ランキング」(2020年1月1日~11月30日の期間)を発表した。新型コロナウイルスの影響で、ゲーム需要が高まった1年だったが、蓋を開けてみれば任天堂の独壇場だ。

 PS5や新型Xboxの発売など、ゲームの話題に事欠かない2020年はどんなゲームが支持されたのか?

 まずは、新品ゲーム部門のランキングのトップ10を見ていこう。

1.あつまれ どうぶつの森(任天堂:2020年3月20日発売)
2.リングフィット アドベンチャー(任天堂:2019年10月18日発売)
3.FINAL FANTASY VII REMAKE(スクウェア・エニックス:2020年4月10日発売)
4.Ghost of Tsushima(ソニー・インタラクティブエンタテインメント:2020年7月17日発売)
5.桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~(コナミデジタルエンタテインメント:2020年11月19日発売)
6.マリオカート8 デラックス(任天堂:2017年4月28日発売)
7.世界のアソビ大全51(任天堂:2020年6月5日発売)
8.Minecraft(Nintendo Switch)(マイクロソフト:2018年6月21日発売)
9.龍が如く7 光と闇の行方(セガ:2020年1月16日発売)
10.BIOHAZARD RE:3 Z Version(カプコン:2020年4月3日発売)

 なんとトップ10中4タイトルが任天堂で、しかも1、2フィニッシュという驚異の結果となった。しかも、10タイトル中6タイトルがSwitch用ゲームだ。ゲーム業界では「任天堂のハードは任天堂のソフトを売るためにある」という言われ方をすることもあるが、まさにそれを体現している。実際、Switch本体のセールスは今なお好調で、今年は同社の“決算報告の数字がバグってる”(ぐらい好調)という話題もよく耳にした。

『あつ森』はどうぶつの森シリーズの最新版で、2020年4月16日の全国を対象にした緊急事態宣言前の3月20日に発売された。Switch用ソフトとして販売され、リリースから好調な滑り出しを見せた。その後、巣ごもり需要やYouTubeでの配信などでニーズが加速。2020年を代表するタイトルになった。

 2位の『リングフィット アドベンチャー』は2019年に発売されたフィットネス系タイトル。これも間違いなく巣ごもり需要によるブーストが効いているはずだ。春以降、自由に外出ができなくなったり、テレワークによる運動不足解消のために利用する人が激増。現在でも本作は入手困難な状態が続いている。

 11月19日に発売されたばかりの桃鉄シリーズ最新版の『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!』も好調だ。本作は約4年ぶりに登場したシリーズ最新作。発売前後は一新されたビジュアルに戸惑いの声も上がったが、桃鉄本来の面白さは令和でも健在。発売から12日間の集計で5位にランクインした。その後、12月11日には累計出荷本数が100万本を突破したと公式発表され、ホリデーシーズンにはまた売り上げを伸ばしそうた。

 その他、発売開始から数年経過している『マリオカート8 デラックス』や『Minecraft』がランキングに食い込んでいる。しかも、龍が如くやバイオハザードを抑えてのランクインだ。根強い人気と言えば薄っぺらいが、これだけ動きの激しいゲームの世界において数年前のゲームが売れ続けるのは並大抵のことではない。The Game Awards 2020において、2020年に最も評価されたタイトル「Game of the Year」に輝いた『The Last of Us Part II』でさえ17位であることを考えると、その根強さが窺える。

 

12

任天堂の倒し方がわかりません!2020年国内ゲームランキングは任天堂の独壇場のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

なかやまきんに君インタビュー

 昨年から引き続き日本を席巻している筋トレブーム。パーソナルトレーナーは一般化し、N...
写真