日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > マツコの発言と病気説で引退説が

マツコ、『知らない世界』テレビ局がおぞましい発言と病気説で引退説が再浮上

文=日刊サイゾー

『マツコの知らない世界』TBS公式サイトより

 12月15日に放送された『マツコの知らない世界』(TBS系)を見た視聴者から「マツコ・デラックスが本当に引退してしまうのでは?」と、心配の声が上がっている。

 この日の後半テーマは「ゲーム建築の世界」。子どもから大人まで大ブームを起こしている「マインクラフト」を中心に、さまざまな街や施設をオンライン上で再現し、旅行気分を味わえるゲーム建築の世界が紹介された。

 案内人として登場したタツナミシュウイチさんは、1日10時間以上マインクラフトに触れるほどゲーム建築に詳しく、リアルな姿を忠実に再現したラスベガスのホテル・ベラッジオやナスカの地上絵を紹介する。元々地理に詳しく、よくストリートビューで気になる街並みを見ているというマツコは興味津々…と思いきや、「今ってすごいのね」とどこか物足りない様子。しかし、「私、新宿の女だから」と言うほど詳しい西新宿の様子が映し出されると前のめりに。

 高い技術で再現したコクーンタワーには目もくれず、目立たないビルを見て「この辺りに抜け道があってね」「京王プラザホテルのこの角度が美しいのよ」とかつて新宿で暮らしていた時代を懐かしんでいた。

 しかし、フジテレビ、TBS、テレビ朝日など、各テレビ局のゲーム建築が紹介されると、顔を激しくしかめ「おぞましい。もう見たくない」とポツリ。他のテレビ局と比べて質素なつくりであるTBSの本社を見て「一番質素じゃない?」と口にするものの、MXテレビ本社がさらに小さかったことに爆笑し、「でも(これまで見たテレビ局のなかで)一番興奮したわ」とコーナーを締めくくった。

 そして最後はTBSスタジオのゲーム建築を破壊してストレス発散できる方法をタツナミさんに教えてもらい、無言で壊しまくる。長い期間治らない、充血した目で手を動かすマツコを見た視聴者からは「マツコ…本当にお疲れなんだな。血走った目が怖いよ」「テレビ局をおぞましいと言った時のマツコの顔。テレビ局への恨みつらみがたまっていそう」「まだマツコの目、治らないのか。これ糖尿病の症状なんじゃ……」と、心配する声が上がっていた。

「数か月前、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)を突然卒業したことでマツコは引退説がささやかれました。最近少し噂はおさまっていましたが、テレビ局に不満げな様子を見た視聴者の間では、引退説が再浮上しているようですね」(芸能ライター)

 とはいうものの、まだまだ多数のレギュラー番組を抱えているマツコ。引退説を払しょくするためには、まず早く目を完治させてほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/17 06:00

マツコ、『知らない世界』テレビ局がおぞましい発言と病気説で引退説が再浮上のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真