日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > エモすぎる“アイドルバイブス”

『フリースタイルティーチャー』紺野ぶるまVS恋汐りんご、エモすぎる“アイドルバイブス”!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

【完成】『フリースタイルティーチャー』紺野ぶるまVS恋汐りんご、エモすぎるアイドルバイブス!の画像1
恋汐りんごTwitterより

 12月16日放送『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)を見て、非常に感銘を受けた。

 前々回のレビューで私は「各スチューデントのラップレベルはかなり違う」と書いた。“ラップ組”(risano、Lety、yukarin)と“アイドル組”(成瀬瑛美、恋汐りんご)の間に埋め難い差があると思ったのだ。今さらだが、訂正してお詫びしたい。ひょっとすると、ラップと距離がありそうな2人が優れたラッパーになる予感がする。

KICK THE CAN CREWのLITTLEがシレっと登場

 今回のレッスンは超豪華。「オールスター出演!」と言いたくなるくらいのキャスティングだった。

 yukarin(hy4_4yh) & IDのペアが行ったのは、「助っ人審査員 実践バトル」なるレッスン。yukarinとIDが3本勝負のスパーリングを実施し、IDが招集した助っ人ラッパーに審査されるという内容だ。第三者の目からyukarinのフリースタイルを客観的に判断してもらうのが目的である。

 気になるのは、IDが声を掛けたラッパーの人選ではないだろうか。ここで助っ人審査員を務めたのは、裂固、LUNA、そして、なんとKICK THE CAN CREWのLITTLEが登場! サラっとこんな大物が出てきたから、思わずのけぞってしまった。「審査員はLITTLE」の破壊力と言ったら……。

 risano(lyrical school) & サイプレス上野のレッスンにもゲストラッパーが登場している。「相手がアイドルだと突拍子もない事を言ってくるはず」と予想したサ上は、同じように突拍子もない事を言い放つ凄腕ラッパーに声を掛けたのだ。「俺が思う日本語ラップ界のアイドル」という呼び込みと共に姿を現したのは、なんとFRANKEN! 「アイドル」という前振りでこの人が出てきたから、テレビを見ていた筆者は思わず吹いた。いつからこの人が“日本語ラップ界のアイドル”になったのか? 何にせよ、地上波で久々にFRANKENの姿が見られて私は嬉しい。

 risanoとFRANKENの2人で行うのはセッションである。例によってFRANKENは超高速ラップを繰り出した。

FRANKEN 「risano 初めまして 俺の機関坊をペロペロ
       マジでそうさマジでそうさマジでそうさマジでそうさマジでそうさ」

 相変わらず、FRANKENは自分流だ。しかも、凄くいいアドバイスをrisanoに授けたりもする。

「最後、勢いで持ってってるから。終わりよければ全て良しみたいな。最後、『risano一番!』って。それで周りが引いてても、自分はやり切って『どうだ、お前?』って顔をしている事だね。びびんないで」(FRANKEN)

 FRANKENからやり切る事の大切さを語られると、妙な説得力を感じる。だって、彼はそれを実践し続ける人だから。もし、筆者が『フリースタイルティーチャー』に出るとしたら、ぜひFRANKENから教わりたい。今回は充実のレッスンだったと思う。

 そして、注目はLety(BananaLemon) & DOTAMAペアだ。前回のレッスンで、Letyはラップ途中で言葉に詰まり、泣き出してしまった。あの涙には理由がある。彼女はディスに躊躇があるのだ。

「歪んでた時期があったんですよ、私。その時、思っていた以上に人を傷つけたから……(泣)」(Lety)

 そんな彼女のために、DOTAMAは“最強のフィメールラッパー”CHARLESを呼び寄せた。そして、Letyに「バトル1000本ノック」を課すのだ。

「彼女(Lety)にまだ欠けてるものは、実戦で戦った事がないという事。自分がディスを浴びれば『ここまでディスっていいんだ』と分かる。その中でリスペクトをどう持ってくるかが大事だと思っているので。今日は徹底的にCHARLESちゃんにLetyをボコボコにしてもらいたいと思います」(DOTAMA)

 今回もDOTAMAはスパルタキャラだ。曽祖父と祖父が校長、両親も教員という教師一家の長男・DOTAMAなのに、彼のレッスンがダントツでテレビ的なのが面白い。そしてDOTAMAの目論見通り、LetyはCHARLESにボコボコにされた。

Lety  「でもこうやって止まってしまう時もある
     でも 私は絶対上を見る
     だから即興あんま上手くないけど今やってる」
CHARLES 「アンタ上を見るって言った瞬間
      下向いてんのどうしてんの? 頭も空っぽ」

 ディスを延々浴びせ続けられるLety。ペースを掴めない彼女にDOTAMAはアドバイスを授けた。

「『あれ言わなきゃ、これ言わなきゃ』って、ことさら物凄い大事なディスを言おうとしてるけど、要は『私はお前より優れている』って言えばいいだけの話だから」(DOTAMA)

 DOTAMAのアドバイスが響いたか、Letyはここから見るからに変わっていった。

Lety 「今日もバトルの動画 CHARLESの動画 観てきました
    前歯がなんか 変わってんな
    歯 治したくせに (髪の毛の)プリンを直す お金が無いんだな」

 嫌な部分を指摘されたCHARLESは驚きの表情を浮かべ、「全然、超性格悪りぃじゃん」とLetyのフリースタイルを絶賛した。今回のレッスンでLetyもついに吹っ切れたか? この境地に辿り着いたならば、総当たり戦に臨むLetyも楽しみである。

12

『フリースタイルティーチャー』紺野ぶるまVS恋汐りんご、エモすぎる“アイドルバイブス”!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

瞑想ブームに見る仏教と科学の関係史

 「マインドフルネスをビジネスに活かす」「瞑想で健康になる」といった言葉が当然に...
写真