日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 『麒麟がくる』岡村隆史が演じる忍者と戦国時代

『麒麟がくる』岡村隆史が演じる“忍びの者”を考察!「伊賀忍者が家康を逃した説」は嘘か誠か

文=堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)が、ますます盛り上がりを見せている。ドラマをより深く楽しむため、歴史エッセイストの堀江宏樹氏が劇中では描ききれない歴史の裏側を紐解く──。前回はコチラ

『麒麟がくる』岡村隆史が演じる忍びの者を考察!「伊賀忍者が家康を逃した説」は嘘か誠かの画像1
インスタグラム:岡村隆史(okamuradesu)

 先日、『麒麟がくる』で菊丸という忍びの者を演じていた岡村隆史さんがクランクアップ(撮影終了)したと、ご自身のインスタグラムで報告なさっていました。菊丸、性格俳優としての岡村さんの可能性を感じさせる良い役だったと思いますね。

『麒麟』の公式サイトによると、菊丸は「三河の農民」で「忍びの者」。お駒ちゃん、東庵先生、そして伊呂波太夫らに比べると、非実在のキャラクターでも人気が高かったような気もします。

 12月のクランクアップということは、最終回あるいはその間近まで菊丸が活躍するということを意味していますね。今回はドラマの意外なキーマンとしての菊丸、そして戦国時代に実在し、活躍していた「忍びの者」たちの実像についてお話ししたいと思います。

「忍びの者といえば、忍者でしょう?」と読者は思うかもしれません。しかし、三重大学准教授の吉丸雄哉氏の実証研究によると、「忍者」と書いて「にんじゃ」と読むようになったのは実は昭和30年代のこと。

 また、忍びの者として活動する際、彼らが身につけたトレードマークのような忍者服……つまり、例の黒装束についても、初出は18世紀中盤あたりの歌舞伎や人形浄瑠璃の舞台であろうとのこと。戦国時代、各地の大名たちに雇われ、諜報活動を行っていた忍びの者たちは、いかなる際も黒装束をまとうことはなく、『麒麟』の菊丸のような一般的な服装で活動を行っていたのです。

 それではなぜ、忍者が黒い衣装をまとうようになったのでしょうか? 歌舞伎などの日本の伝統芸能の舞台では、それこそ忍者服に似た漆黒の服をまとった「黒子」というスタッフたちが、舞台上で役者の着換えを手伝ったり、小物を手渡したりといった役目を果たしています。彼らが真っ黒な服なのは、黒装束の者は舞台上に存在しない、つまり本当はいない存在という舞台上の「お約束」があったからです。

『麒麟がくる』岡村隆史が演じる忍びの者を考察!「伊賀忍者が家康を逃した説」は嘘か誠かの画像2
舞台上の「黒子」(昭和七年二月東京劇場上演『一谷嫩軍記 熊谷陣屋の場』より)

 ですから、忍びの者に、黒子に似た黒装束を着せるようになったのは、そのあたりの「お約束」が影響しているのでしょう。

 また、『麒麟』の公式サイトによると、菊丸については「三河の国の農民」とプロフィールに書かれています。この設定は、菊丸役のクランクアップの時期も合わせて考えれば、いわゆる「神君伊賀越え」の逸話と絡ませるためのものではないか……と筆者には推測されます。

「神君伊賀越え」とは、織田信長が「本能寺の変」で明智光秀に討たれてからは、明智方から命を狙われるようになった徳川家康が、京都から自領・三河まで逃げ帰る際の“受難劇”ですね。

 この時、通説では伊賀忍者である服部半蔵が、徳川家康一行を案内し、その功績をもって服部半蔵や伊賀忍者たちは後に徳川幕府にも仕官するようになったという「ストーリー」が語られがちです。

 大河ドラマでもほぼ、毎回採用されている設定ではありますが、史実をたどれば、実は怪しい話なのです。たしかに徳川家康の「伊賀越え」は本当にあった話なのですが、「現代でいう伊賀地方を本当に通って逃げたのではなさそう」なのと、家康の逃亡を助けたのは「服部半蔵が率いる伊賀忍者ではなさそう」という2点で、定番のストーリーについて大きな疑問が生じるのです。

12

『麒麟がくる』岡村隆史が演じる“忍びの者”を考察!「伊賀忍者が家康を逃した説」は嘘か誠かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ジャッキー・チェンが驚愕の反香港・親中共発言!

 香港を代表するアクションスター、ジャッキー...…
写真
インタビュー

井筒和幸×松本利夫(EXILE)『無頼』対談

閉塞的な社会にパッチギ(頭突き)をかまそうとする若者たちを主人公にした『パッチギ!』...
写真