日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『王様のブランチ』渡部にイジメ行為

『王様のブランチ』が大炎上! アンジャ渡部への陰湿な嫌がらせ演出に視聴者と芸人から批判殺到

文=日刊サイゾー

TBSが大炎上!『王様のブランチ』アンジャ渡部への陰湿な嫌がらせ演出に芸人からも批判殺到の画像1
渡部建

 12月26日放送の『王様のブランチ』(TBS系)が物議を醸している。それは番組のエンディングで起こった。番組を締めくくる挨拶をする出演者の頭上にCGの風船が複数飛び、そのうちのひとつに同番組MCを務めていたアンジャッシュ渡部建の顔がうっすらと描かれていたのだが、渡部が描かれた風船だけが最後に破裂して消えるという演出がほどこされたのだ。

 ネット上では視聴者から「渡部の顔だけ破裂したよね?」「渡部が不倫で迷惑かけたからとはいえ、やり方が陰湿だろ」「ブランチのこと嫌いになった」「胸糞悪すぎる」と批判が殺到している。

「『王様のブランチ』は渡部が不倫騒動を起こしてもすぐには降板させず、帰りを待つスタンスをとった。しかし、渡部は『ブランチ』ではなく、年末特番の『笑ってはいけない』(日本テレビ系)を復帰の場に選んでしまった。TBSはこれにかなり怒ったようで、11月末には降板を突きつけたようです。確かに『ブランチ』サイドとしても思うところはあったでしょう。渡部が各方面に不義理を働いたことは間違いない。しかし、今回の演出はちょっとやり過ぎというか、視聴者が笑えない一線を越えてしまっていた」(中堅芸能事務所関係者)

 さらにこの問題シーンを受け、ロンドンブーツ1号2号の田村淳は自身のYouTubeを更新。「渡部くんが多目的トイレで不倫をしていた。しかもそこにお金の受け渡しがあったってことについては許されることではない」と前置きした上で、「急にメインMCがいなくなって演者さんやスタッフさんは迷惑を被ったと思いますけども、今年の放送の最後で渡部くんを風船に投影させて、しかもその風船が割れるっていう演出をなぜしたんだろうと腑に落ちない」とコメント。「とても気持ちが悪いなと思いました。これぞ陰湿ないじめの構図なんじゃないかと思った」と語気を強めた。

「淳さんも言ってましたけど、番組の最後の最後であんな演出されたらほかの演者だってツッコミを入れることもできないし、誰も回収できないから“ボケ”としては成立しないし、本当にただただ陰湿で不可解な演出だった。シャレになってないんですよ。こういうことをすると番組のイメージはおろか、共演者の佐藤栞里などのイメージにも影響してしまうから、いい迷惑だと思う。TBSは今年特にヒットドラマを量産し視聴率もいいから、ちょっと調子に乗っているのかも。今回のことについては謝罪なり釈明なりをきちんとしないとマズイでしょう」(構成作家)

 渡部が起こした不倫騒動が新たな火種を生んでしまったようだが、果たしてTBSは今回の演出についてどう釈明するのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/28 08:00

『王様のブランチ』が大炎上! アンジャ渡部への陰湿な嫌がらせ演出に視聴者と芸人から批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

石橋貴明、鈴木保奈美との関係性

ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とかく...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真