日刊サイゾー トップ > スポーツ > 野球  > チェン・ウェインを大金積んで強奪! 阪神が助っ人補強連発

チェン・ウェインを大金積んで強奪! 阪神がなりふり構わず助っ人補強連発

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

チェン・ウェインを大金積んで強奪! 阪神がなりふり構わず助っ人補強連発の画像1
ファンも疑問視?(写真/GettyImages)

 プロ野球の阪神タイガースが矢野燿大監督契約ラストとなる2021年シーズンに向けて、外国人選手補強に札束をはたいている。22日には前千葉ロッテマリーンズのチェン・ウェイン投手を年俸2億1000万円の2年契約(金額は推定)の破格契約を結んだ。

 中日ドラゴンズ、米大リーグでも活躍したサウスポーは今年9月、千葉ロッテで日本球界に復帰。好投する試合もあったが1勝も記録できなかった。12月に入り、千葉ロッテの保留選手名簿から外れて自由契約選手公示されると、速攻で口説き落とした。

 チェンは「阪神球団の誠意や素晴らしい環境に感動した。優勝をめざして頑張ります」と話したが、プロ野球OBは「今年のチェンの推定年俸は3000万円。それが一気に億に乗って複数年契約ですからね。活躍してもしなくても、この金額がもらえるなんて、本人や代理人は笑いが止まらないでしょう。今年限りで阪神をクビになり、オリックスに移籍した能見篤史投手が長年つけていた背番号“14”もいきなり与えた。選手に対するリスペクトも何もないのでしょうね」と皮肉る。

 球団幹部はチェンについて「まだまだいけるというようにみえた」と話しているそうだが、これには「来年7月には36歳になるベテランで、普通に考えて活躍できても1年が限界。それに大枚をはたくあたり、よほど切羽詰まってるとしか思えない」と反論した。

 所属選手には冷遇したり、運営側には選手からも批判の目が向けられているというが……大金をドブに捨ててしまったなんてことにならなければいいのだが。

最終更新:2020/12/29 10:00

チェン・ウェインを大金積んで強奪! 阪神がなりふり構わず助っ人補強連発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真