日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 聖飢魔II対ヘビメタ雑誌“35年戦争”

聖飢魔II vs ヘビーメタル雑誌『BURRN!』ついに決着!“35年戦争”の一部始終

文=日刊サイゾー

聖飢魔II vs ヘビーメタル雑誌『BURRN!』ついに決着! 35年戦争の一部始終の画像1
聖飢魔II(オフィシャルサイトより)

 デーモン閣下率いる聖飢魔IIのライブに、ヘビーメタル雑誌『BURRN!』の編集長が“乱入”。35年越しにいがみ合っていた両者が和解した。

 デビュー35周年を迎え、10月から期間限定再集結ツアーを行っている聖飢魔II。12月19日に行われた広島公演で、歴史的瞬間は訪れた。ライブの途中、『BURRN!』の編集長が客席にいることを知ったメンバーが、編集長をステージに上げると、編集長は過去の無礼を謝罪。『BURRN!』の表紙にすることを約束したのだ。

「ことの発端は、聖飢魔IIがデビューアルバムを出した1985年のことです。100点満点で評価するアルバムレビューコーナーで、Sという当時の編集長が、聖飢魔IIのデビューアルバムに0点を付けたため、両者は断絶。デーモン小暮がソロアルバムのインタビューで登場したことはありましたが、聖飢魔IIが誌面でフィーチャーされることはないまま35年が経過しました」(音楽ライター)

 お互い、ヘビーメタルという狭いジャンルにいながら、これだけ長く無視し合ったとは、さすが“悪魔”というべきか。それにしても、S氏はなぜ0点を付けたのか? 当時の事情を知る元・レコード会社スタッフがいう。

「S氏は、レビューで『ヘビーメタルに対する侮辱』『頭の中は商売、商売、金、金』と綴っており、ヘビーメタルが色物として扱われたことに激怒したのです。また、“メンバーが演奏していない”という噂も耳にしていたようです。当時は関係者界隈で、具体的に誰が演奏していないのかミュージシャンの名前も囁かれていましたが、メンバーは一切認めていないので、真偽は定かではありません。そして直接的な原因は、レコード会社の担当者が添えた『このアルバムを聞くが良い、グハハハハハ』といった内容の手紙が逆鱗に触れ、S氏が『無礼だ!』とキレたからです。

 この件は長らく聖飢魔IIの間ではタブーでしたが、近年のインタビューで、デーモン閣下が『影響力が大きい雑誌なのに、無責任なレビューで潰されかけた』と述べており、ずっと不満を抱えていたようです」(元・レコード会社スタッフ)

 そんなことがあってから実に35年、ついに雪解けの日が訪れたが、その背景にはヘビーメタルが置かれた厳しい事情があるという。

「『BURRN!』は音楽誌トップクラスの発行部数を誇りますが、メタル界は新陳代謝がまったく進んでおらず、30年来、表紙を飾るラインナップがほとんど変わっていません。そんな中、『BURRN!』は昨年、B’zを表紙に起用して大きな話題になったので、“今度は聖飢魔IIで”ということでしょう。

 日本のメタルファンの間では『BURRN!』の影響力は絶大で、『BURRN!』に載らないバンドは聴かないという人間も非常に多い。ただ、冷静に音楽を聞けば、聖飢魔IIのサウンドはメタルファンにドンピシャなので、ここまでいがみ合い続けたのは、お互いにとって損しかなかったとしか言いようがありません」(音楽雑誌編集者)

 聖飢魔IIのミサ(=ライブ)では、デーモン閣下と信者(=ファン)との間で、「○○な奴はどうしたらいい?」「殺せっーーー!!」というやりとりが定番だが、まさに「0点を付けた奴はどうしたらいい?」「殺せっーーー!!」といった気分だったのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2020/12/31 15:00

聖飢魔II vs ヘビーメタル雑誌『BURRN!』ついに決着!“35年戦争”の一部始終のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真