日刊サイゾー トップ > 海外 > 社会(トンデモ)  > 中国の実写『ヒカルの碁』政治宣伝利用

中国制作の実写版『ヒカルの碁』に「プロパガンダに利用」とファンから批判殺到

文=中山介石(なかやま・かいすけ)

中国制作の実写版『ヒカルの碁』に「プロパガンダに利用」とファンから批判殺到の画像1
実写版『ヒカルの碁』への日本語の書き込みを興奮気味に報告する中国人インフルエンサー

 劇場版がヒットを続け、ついに単行本の最終巻が発売された『鬼滅の刃』の勢いは海外にも広がり、中国でも人気だが、もうひとつ中国で話題になっている日本のマンガ作品がある。それは『ヒカルの碁』だ。連載当時から中国で人気だったが、現在、実写化ドラマがインターネット上で配信されているのだ。

中国制作の実写版『ヒカルの碁』に「プロパガンダに利用」とファンから批判殺到の画像2

 日本のツイッターでも密かに話題となっており、作品を評価する声があがっている。ところがそれらのつぶやきにはどうにも奇妙な点がある。

「小さな頃一番大好きなアニマ『ヒカルの碁』が今実写した」
「ちょうと眠られないてツイッターで中国のドラマのファンの応援写真を見ていた」
「面白すぎて見悶えるレベルです」

 などなど、日本語が不自然なのだ。

「三立新聞網」(11月25日付)によると、それらは、中国人が日本人を装って書き込まれたものだという。これら日本語の書き込みを見つけた中国人インフルエンサーが中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で「日本のネット民の『棋魂』に対するコメントを見て泣きそう!」と興奮気味に報告。ところがそれを見た別のネット民が、中国人が書いたことを見破ったのだった。

 確かにツイッターのアカウント名やハッシュタグに日本語の漢字ではなく、中国語の簡体字を使用しているユーザーが数名いる。いったい彼らの目的はなんだろうか。中国のコンテンツ事情に詳しい、上海在住のコンサルタント(45歳)はこう分析する。

「ドラマ版である『棋魂』は原作に忠実でないどころか、不自然に香港返還について触れられるシーンがあったりして、原作ファンから批判が集まっています。それを和らげるため、中国共産党がインターネット上で世論を誘導する『五毛党』が動いているのでしょう」

 日本のコンテンツがプロパガンダに利用されているとうことか。しかし不自然さはすぐに見破られてしまったようだ。

中山介石(なかやま・かいすけ)

中山介石(なかやま・かいすけ)

1970年、神奈川県横浜市生まれ。日本の食材をハンドキャリーで中国に運ぶ傍ら、副業として翻訳・ライター業に従事している。

最終更新:2020/12/19 08:00

中国制作の実写版『ヒカルの碁』に「プロパガンダに利用」とファンから批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真