日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 瑛人の隠された素顔に驚きの声

『香水』で大ブレイクした瑛人の隠された素顔に視聴者から驚きの声「本物の天然っぽい」

文=日刊サイゾー

瑛人・公式サイトより

 12月30日放送の『バナナサンドSP』(TBS系)で、バラエティ番組に初出演した歌手の瑛人の天真爛漫ぶりが話題になっている。

 今年、楽曲『香水』で大ブレイクを果たし、大晦日の『第71回NHK紅白歌合戦』にも出演する予定の瑛人だが、この日は「事務所が瑛人のマネジメントに手を焼いてる」とのことで、「瑛人 所属事務所の悩み」が明らかに。その中でも特に話題になったのが、「紅白のルールがわかってない」だった。

 MCのバナナマン・設楽統が紹介したところによると、『紅白』初出場の記者会見の際、バックヤードでスタッフに「俺、何組ですか?」と聞いていたとのこと。瑛人はこのことについて、「(『紅白』)見てましたけど、ちょくちょく。白組が男性、紅組が女性ってそこまで気にして見たことなかった」と飄々と告白。結果発表の際には「俺、鐘つき行っちゃうんで」と最後まで見ていないため、分かっていなかったと明かし、スタジオを騒然させていた。

 この様子に設楽が「最後、大丈夫? みんなで『蛍の光』歌うんだよ」と、エンディングで出演者たちが全員『蛍の光』を歌って終了することを指摘すると、瑛人はきょとんとした様子で「『蛍の光』ですか? どういう曲でしたっけ」とまったくピンと来てない様子。レギュラー陣が出だしを歌ってあげると、瑛人は「……加山雄三さんの!」と笑顔を見せていたが、なんと『サライ』と間違えていることが判明。設楽から「絶対『サライ』歌っちゃダメだよ! あそこで声高々に『サライ』歌っちゃ絶対ダメだからね」と釘を刺され、瑛人は苦笑いを浮かべていた。

 2020年の最注目歌手のひとりとはいえ、今回の初バラエティ出演で瑛人のこの天然ぶりを知った視聴者も多く、「こんなに天然で面白いと思わなかった!」「自分で言ったことに自分で爆笑してないあたり、本物の天然っぽいな」「これは超ド級の天然くんだ」といった声が聞かれていた。

「実はこれまでもファンの間からはSNSなどで垣間見れる日常のつぶやきから“天然疑惑”が囁かれていましたが、今回の『バナナサンド』出演でそれが多くの人に知れ渡った形に。ブレイク歌手というと、人気が出る一方で一部のコアな音楽ファンからは嫌われることが多いものの、瑛人のこの天真爛漫ぶりに『好きになった』『めちゃくちゃ印象変わった』といった好意的な声が多く寄せられています」(芸能ライター)

 この天然キャラで2021年もブレイクが続けばいいが……。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/01 07:00

『香水』で大ブレイクした瑛人の隠された素顔に視聴者から驚きの声「本物の天然っぽい」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真