日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > レイザーラモンがニューヨークの虜に

レイザーラモンが後輩芸人ニューヨークの「キモヲタ」化! 関係者を虜にするその魅力とは

文=日刊サイゾー

レイザーラモンが後輩芸人ニューヨークの「キモヲタ」化! 関係者を虜にするその魅力とはの画像1
レイザーラモン(吉本興業公式サイトより)

 現在、バラエティ番組を中心に、着々とブレイクへの道を歩んでいるのが、吉本興業所属のコンビ「ニューヨーク」だ。2019年『M-1グランプリ』決勝戦では最下位だったが、『キングオブコント2020』では準優勝。さらに昨年末の『M-1グランプリ2020』でも2年連続で決勝戦に進出し、5位となった。

「ネタで評価されるのはもちろんですが、バラエティ番組にも多数出演し、確実に結果を残しています。さらに東京吉本の若手芸人事情を知ることができるYouTubeチャンネルも人気で、そこで公開されたドキュメンタリー作品『ザ・エレクトリカルパレーズ』(通称エレパレ)も多くのお笑い関係者から絶賛されています。まさにいま、業界内に“ニューヨーカー”と呼ばれる、ニューヨークのファンが増えているところです」(メディア関係者)

 そんなブレイク寸前のニューヨークに、虜になっている吉本の先輩芸人もいる。

「レイザーラモンの2人がニューヨークのYouTubeチャンネルにハマって、完全に“ニューヨーカー”になっているんです。特に、RGさんは完全なファンですね」(お笑い事務所関係者)

 自身のYouTubeチャンネルでも頻繁にニューヨークの話をしているレイザーラモンの2人。ともに昨年春の自粛期間にニューヨークのYouTubeチャンネルを熱心に見るようになったという。

「劇場レベルの若手芸人事情を知れるということで、レイザーラモンの2人はニューヨークのチャンネルを見るようになったそうです。そんななか、『エレパレ』が公開され、さらにハマってしまったとのこと。RGさんなんかは、自分のラジオ番組で『エレパレ』とニューヨークについて語って、号泣するくらいですから、完全な“キモヲタ”ですよ(笑)」(同)

12

レイザーラモンが後輩芸人ニューヨークの「キモヲタ」化! 関係者を虜にするその魅力とはのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真