日刊サイゾー トップ > スポーツ > 大相撲  > 白鵬、引退後プランがすでに進行中

白鵬、コロナ感染で引退? 「銀座に相撲部屋」「自伝をマンガ化」プランが進行中

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

白鵬、コロナ感染で引退? 「銀座に相撲部屋」「自伝をマンガ化」プランが進行中の画像1
写真/GettyImagesより

 果たして進退に影響が出るのか⁉

 1月5日、横綱・白鵬が新型コロナウイルスに感染したことがわかった。

 日本相撲協会の発表によれば、白鵬は3日に嗅覚異常を訴え4日にPCR検査を実施。この日の朝に、陽性が確認されたという。 これにより、10日に初日を迎える大相撲初場所への出場は絶望的となった。

「白鵬は2018年11月場所以降の8場所を休場し、直近3場所も連続休場。20年11月場所後には、横綱審議委員会から『引退勧告』の次に重い『注意』の決議を受けていました。初場所に向けての合同稽古では、貴景勝や朝乃山を圧倒し、復活を予感させていただけに、相撲ファンも落胆しています」(スポーツライター)

 初場所の欠場で懸念されるのが、「引退」の二文字だ。

「以前より、白鵬は初場所での優勝を花道に引退するともっぱらの噂でした。これまでは東京五輪で土俵入りを見せるまでは現役にこだわっていたようですが、コロナ禍でその熱も冷めている。20年12月22日の『フライデーDIGITAL』(講談社)によれば、銀座に相撲部屋を構え、弟子を育成するのが夢だと語っていたそうです」(前出・スポーツライター)

 また、「白鵬引退」の“予兆”は意外なところでも見られたという。明かすのはテレビ関係者だ。

「昨年末あたりに、“自伝マンガ”の連載を出版社に売り込んでいたようです。しかも作画を担当するマンガ家は性産業のルポを得意としている人だと言い、なぜかアダルト関係者が窓口になっていたそう。その繋がりからか、複数の実話誌系週刊誌に打診があったんです。白鵬側からは単行本にするのが絶対条件だったとのことですから、それをモンゴルで出版して一儲けする腹積もりなのでは。すでに心の大半は第二の人生に向いているのかもしれません」

 自伝のマンガ化が実現するとしたら、今回のコロナ感染もエピソードに盛り込まれるのだろうか。

最終更新:2021/01/09 16:00

白鵬、コロナ感染で引退? 「銀座に相撲部屋」「自伝をマンガ化」プランが進行中のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

人口流出の自治体がみるべき現実

 いま日本各地で注目を浴びる「地方創生」。2020年からは、政府が策定する「まち・ひ...
写真