日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー

『家、ついて行ってイイですか?』命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー「余命は俺が決める」

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

‘生きることを諦めなかったから、みんなから支えられた’

 イノマーが密かに書き記していた闘病日記に、こんな一文があった。

「自殺しようと思ってる人に……オマエの命をオイラに差し出せ!!」

 イノマーが亡くなって約2カ月後、2020年2月1日に江頭はYouTubeチャンネル「エガちゃんねる」を開設している。初回の動画で江頭はこう宣言した。

「死にたいと思ってるお前ら、コレを見ろ! コレを見たらバカバカしくて死にたくなくなるから!」

 イノマーへの想いがこの言葉に滲んでいると受け取るのは勘繰り過ぎだろうか? “人生最大ライブ”終了後の車中、「今のところの人生、どうですか?」と質問されたイノマーはこう答えている。

「楽しい。楽しかったよ。楽しすぎるのも良くないな(笑)」(イノマー)

 楽しい人生を送っていると、人は余計に死にたくなくなる。生きていたい。でも、人はどうしたっていつか死ぬ。ならば、その時くらいは「楽しかった」と振り返られる人生でありたいと思う。

 今回の地上波放送は、テレ東にとって英断だったと思う。人間の体がリアルに死へ向かう様子にダメージを受けた人もいるだろう。ただ感動するだけのお涙頂戴ドキュメンタリーじゃなかった。賛否あることを覚悟し、放送に踏み切ったはずだ。撮る方も撮らせる方も大変な密着取材だったと思う。

 この映像から受け取ったものは多すぎる。年明けから生きることの意味を強烈に問われた。人生に影響を与えられた人も多かったのではないか。生きることを諦めなかったからこそ、イノマーはみんなから支えられた。

 昨年4月、フジテレビで放送された志村けん追悼特番で、高木ブーは、「志村は死なないの。ずっと生きている」と言った。だから、イノマーも死んでいない。人の心に残るとはそういうことだ。まさに、「余命は俺が決める」の宣言通りである。

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2021/01/13 21:36
12345

『家、ついて行ってイイですか?』命を使い切り、最期もキメて逝ったイノマー「余命は俺が決める」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディションを開催!

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

「普通ではやらない東京五輪」は人命を犠牲にする暴挙か

今週の注目記事・第1位「4歳娘と無理心中...…
写真
インタビュー

授業オンライン化を迫られる学校教育の現場

 コロナ禍で学校の授業のオンライン化が待ったなしの状況となる中、そのやり方を丁寧...
写真