日刊サイゾー トップ > 芸能  > アミューズが富士山麓に本社移転報道

アミューズが富士山麓に本社移転報道「大手芸能事務所」そのものの必要性が薄れる今の芸能界を象徴か

文=日刊サイゾー

アミューズが富士山麓に本社移転報道「大手芸能事務所」そのものの必要性が薄れる今の芸能界を象徴かの画像1
福山雅治

 大手芸能事務所アミューズが本社機能を山梨県の富士山麓に移転する計画を立てていると、1月14日発売の『週刊文春』(文藝春秋)が報じている。

「最近は大手芸能事務所の本社屋に関するいろいろな話が多いんですよね。コロナの影響で売上が下がっている事務所も多いし、何かと大変なのでしょう」(芸能記者)

 エイベックスは昨年末、東京青山の本社ビルを売却することを発表。売却後も、そのまま同じビルに賃貸で入ることとなる。さらに、モーニング娘。らを擁するアップフロントグループは今年1月、本社を東京港区の赤羽橋から五反田に移転した。

「エイベックスは、コロナの影響で多額の赤字を計上することとなった。本社ビルを売却することでどうにか業績を立て直す狙いがあるようです。アップフロントについても、コロナの影響で大小含めて200公演以上が中止になっているので、状況は決して簡単ではなかったのでしょう」(同)

 そもそも都内の一等地に芸能事務所が本社を構えるメリットも少なくなってきているとも言われる。

「芸能の仕事の基本は、やはり現場です。テレビの収録も、映画の撮影も、コンサートもタレントが現場に行ってお金を生み出している。つまり、一等地に大きな事務所を抱えていても、そこでやる仕事は実はそれほど多くない。しかも、コロナの影響でリモートワークが一般的になった今、本社機能を見直す時期にあるんですよね。

 また、フリーで活動するタレントも増えてきて、大手芸能事務所そのものの必要性も薄れている。いろいろな事務所が本社を動かしている背景には、そういった今の芸能界の事情も絡んでいるんだと思います」(芸能事務所関係者)

 その一方で、お笑い界の最大手である吉本興業には、本社に関するこんな噂があったという。

「吉本の大崎洋会長は以前からずっと沖縄での事業展開に熱心で、あまりにも大崎会長が沖縄にこだわるもんだから、“吉本が本社を沖縄に移すんじゃないか”なんていう妄想めいた噂を口にする芸人も多かったんです。まあ、テレビの仕事と東京・大阪の劇場の仕事がメインである吉本なので、さすがに沖縄に本社を移すというのは無理なんですけどね。ただ、大崎会長はエンタメに関わる人材を育成する『沖縄ラフ&ピース専門学校』を作ったりして、沖縄を拠点の一つにしようとしているのは事実。“脱中央”の流れがあるのは間違いないでしょう」(同)

 コロナによって世の中が変わっていくのと同様に、芸能界も大きく変わりつつある。大手事務所が東京以外に拠点を構えることが当たり前になる時代も、そう遠くはないのかもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/17 09:00

アミューズが富士山麓に本社移転報道「大手芸能事務所」そのものの必要性が薄れる今の芸能界を象徴かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

マルチ商法の本職からスカウト

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

『満州アヘンスクワッド』インタビュー

関東軍の兵士として満州にやってきた日方勇(ひがた...…
写真