日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > キスマイ宮田を視聴者が称賛

芸能界一のLiSAっ子!? 『金スマ』キスマイ宮田を視聴者が称賛「オタクの鏡」「全ファンの代弁者」

文=日刊サイゾー

『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』TBS公式サイトより

 1月15日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に歌手のLiSAがゲストで登場した。『鬼滅の刃』の主題歌で大ブレイクを果たすまでの経緯やプライベートの顔、年末に放送され、大賞を受賞した『輝く!日本レコード大賞』(同)に密着した様子などが放送された。

 しかし、この特集でLiSAと同じくらい注目を集めていたのは「芸能界一のLiSAっ子」としてバラエティに慣れていないLiSAを支えるべく出演していた、アイドルグループ・Kis-My-Ft2の宮田俊哉。家族全員LiSA好きだといい、LiSAっ子(ファン)歴は10年でデビュー前から応援していたという。番組冒頭から「LiSA始めか~! たまんねえな、今年! いい年になりそう!」とテンション上々だった。

 宮田は、LiSAが初武道館公演で喉を痛めてしまい、高音が出さないトラブルに見舞われてしまったというエピソードに言及。そんなLiSAを見て観客が代わりに大合唱してくれたという一幕が語られた際には「そういう日があってもいいんですよ、僕たちがいるんで」と全ファンの想いを代弁した。また番組中盤からは、自身のプレゼンツ企画として「LiSAの名曲グランプリ」を進行することに。2018年のライブグッズであるペンライトを持ち、『鬼滅』主題歌に触れつつ、「LiSAの真骨頂はそこだけじゃない! LiSAはそこだけのオンナじゃねえ!」と宣言していた。

 言葉通り、宮田はこれまでファン以外には知られていなかったLiSAの名曲をひとつひとつ丁寧に紹介。『Catch The Moment』については「俺の中で真骨頂」、『Relly Go Round』は「俺の中で名作」、『Rising Hope』は「俺の中でザ・LiSA」、『シルシ』は「俺の中で3本指」と解説していた。

 この宮田の言動に視聴者からは、「『僕たちがいるんで』ってオタクの鏡すぎる」「熱量と愛がすごすぎる!」「キスマイ宮田は全ファンの代弁者」という声が集まっていた。

「称賛の声を寄せていたのは、キスマイファンではなく、ほぼLiSAファン。その言動の熱量と選ぶ曲のコアさに多くのLiSAファンから共感を得ていました。さらに宮田は、名曲を絶賛するときには必ず『俺の中で』という言葉を使っており、誰にも押し付けることなく曲をおすすめ。そういった姿勢が“理想的なファン”という称賛を集めたようです」(芸能ライター)

 この番組がきっかけで、多くのLiSAファンは宮田を代弁者として認めたようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/19 06:00

芸能界一のLiSAっ子!? 『金スマ』キスマイ宮田を視聴者が称賛「オタクの鏡」「全ファンの代弁者」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真