日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > 変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.619

クローネンバーグ監督が描く変態夫婦の純愛物語! 交通事故に興奮する危険な映画『クラッシュ 4K』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

クローネンバーグ監督が描く変態夫婦の純愛物語! 交通事故に興奮する危険な映画『クラッシュ 4K』の画像1
交通事故マニアを主人公にした『クラッシュ』。オリジナルネガが見つかり、「4K無修正版」として甦った。

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつてない最高度のエクスタシーを感じる。1996年に劇場公開されたデヴィッド・クローネンバーグ監督の映画『クラッシュ』(原題『Crash』)は、交通事故に遭うことに興奮を覚える人々の悲喜劇を描いた作品だ。英国では上映禁止騒ぎが起き、日本では成人映画に指定されるなど、世界各国でセンセーショナルな話題を呼んだクローネンバーグ監督屈指の問題作が、『クラッシュ 4K 無修正版』としてリバイバル上映されることになった。

 カナダ出身のクローネンバーグ監督は、人間が変質・変容していく様子をクールなカメラワークで捉える特異な映画作家だ。ブレイク作『スキャナーズ』(81)では人間の頭部が破裂する瞬間を描き、マニアを狂喜させた。『ヴィデオドローム』(82)の主人公は殺人が繰り返されるスナッフビデオに魅了され、ビデオの世界と一体化してしまう。その後も、テクノロジーや環境の変化によって、人間の内面が変化し、やがては人間そのものが別人、いや別の生き物に変わっていく過程をカメラで追いかけ続けている。

 英国の人気作家J・G・バラードによる同名小説を原作にした『クラッシュ』は、倦怠期を迎えた夫婦の物語だ。CMプロデューサーのジェームズ・バラード(ジェームズ・スペイダー)は妻・キャサリン(デボラ・カーラ・アンガー)のことを愛しているが、最近は妻の体では最後までイクことができずにいた。愛情と性的欲望は必ずしも一致しない。そこでジェームズもキャサリンも、自宅外で他の相手との不倫にいそしみ、そのことを報告しあうことで刺激を取り戻そうとしていた。

 そんなとき、車を運転していたジェームズは、命に関わる大事故を起こしてしまう。正面衝突した対向車の男性ドライバーは、フロントガラスから飛び出して即死。その助手席に座っていた人妻・ヘレン(ホリー・ハンター)とジェームズは目が合い、その瞬間に言いようのない快感の予兆を感じてしまうのだった。

 重傷を負いながらも病院を退院したジェームズは、事故車を処分するために事故車置き場へと向かう。事故で歪んだ車は、とてもエロチックだった。そこには夫を亡くしたヘレンも佇んでいた。ヘレンの夫を死なせてしまったことへの罪悪感、死線から生還を果たした喜び、そして事故に遭った瞬間の忘れがたい衝撃がないまぜとなり、ジェームズはヘレンとのカーセックスに禁断のエクスタシーを覚える。ヘレンとの出会いは、果てしなく続く快感地獄の始まりだった。

123

クローネンバーグ監督が描く変態夫婦の純愛物語! 交通事故に興奮する危険な映画『クラッシュ 4K』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真