日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 日米マリファナ最新裏事情

なぜ合法化が進むアメリカで“密造大麻”が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情

文=磯部涼(いそべ・りょう)

 大麻は着火して煙を吸うイメージがあるだろうが、電子たばこで気化して摂取するものが日本の一部で浸透しつつある。一方、合法化が進むアメリカでは、密造大麻、擬似大麻が闇市場で出回っている──。一体、何が起きているのか? ベストセラー本『ルポ 川崎』(小社刊)の著者・磯部涼氏が、日米の大麻ビジネスの最前線を追う。(「月刊サイゾー」12月号より一部転載)

なぜ合法化が進むアメリカで密造大麻が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情の画像1
(写真/Getty Images)

 日本における新型コロナウイルス禍は感染者数という観点からすれば比較的軽度で済んだように思えるが、一方で景気は先行きが不透明で、またそれはアンダーグラウンド・ビジネスにも影響を与えている。都内で活動するとあるドラッグ・ディーラーによると、コロナ禍の中で“フラワー”の値段が高騰しているという。“フラワー”とは文字通りマリファナ(大麻、カンナビス)の花穂の部分で、“バッズ”とも呼ばれる。この部分には人をハイにさせるTHC(テトラヒドロカンナビノール)という成分が集中しており、乾燥させて火を付け、煙を吸引する摂取方法が一般的だ。

「都内は今すごく“乾いて”(品薄の意味)いて。良いものだとテン5(0・5グラム)で4500円。以前の倍近くになっていますね」

 ディーラーは言う。その要因はもちろんコロナ禍によって、海外からの入荷に制限がかかってしまったことだ。近年は日本におけるマリファナの栽培技術が進歩して、インポート(輸入もの)とも遜色のないグロウ(日本で育てたもの)が出回っている。それでも好事家は、栽培が合法の州も多いため、さらに進歩が著しいアメリカ産のものを欲しがるのだそうだ。そして品薄のフラワーに代わって目玉商品となったのが、“THCリキッド”だという。

「フラワーは売って商売をするとなると、かなりの量を輸入しなくてはいけないんですが、リキッドは濃縮された液体なのでかさばらない。だからコロナ禍でもなんとか日本に入れられるんです」

 アメリカでは主にハッシュ・オイルと呼ばれるこの液体は、まず特別な装置を使ってカンナビスからTHCを含有した油分を抽出した後、不純物を丁寧に取り除いて作られる。フラワーは通常だとTHC含有率が15~20%程度、グレードの高い品種で35%程度になるというが、ハッシュ・オイルならば100%に近い商品を作り出すことが可能だ。それをヴェポライザー(電子たばこ)のアトマイザー(交換容器)に入れ、加熱して蒸気を吸う。特に若い世代で人気が高まったのは、THCが高濃度であるだけでなく、健康的だからである。フラワーを砕いて紙巻きにするジョイントのような摂取方法とは違って、燃焼させないため発がん性物質が発生しないのだ。

 ラッパーの金の使い道を追うNetflixの番組『ゴージャス・ショッピング:ロサンゼルス』では、アトランタのラッパー=ワカ・フロッカ・フレイムが、ハッシュ・オイル・ビジネスに投資をするシーンがある。彼はTHCの含有率が95%のオイルをヴェポライザーで味見しながら、「装置は設置費用も込みで16万9000ドル(約1700万円)」「アトマイザーをひとつ60ドルで売ったとして、利益は600万~700万ドル(約6億~7億円)」という説明を受け、契約書にサインをする。アメリカではハッシュ・オイルは大きなビジネスになっている。

キャバ嬢の誕生日にTHCリキッドを贈る

なぜ合法化が進むアメリカで密造大麻が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情の画像2
密売人が所有するTHCリキッド。CBDリキッドと見分けがつきづらい。

 では、日本はどうだろうか。この国でTHCリキッドが広く知られるようになったのは、2018年5月、ラッパーのUZIが大麻取締法違反で有罪判決を受けたことがきっかけだ。彼は自宅でフラワー545グラムなどに加えて、リキッドを14グラム所持。麻薬取締部がかかわった事件で、初のTHCリキッド所持による起訴となったという。家宅捜査の映像がテレビの情報番組で使われたことから、人権侵害にあたるのではないかとの指摘も相次いだ。麻薬取締部が、新種の違法ドラッグとしてのTHCリキッドに警鐘を鳴らすため行ったテレビ局へのリークと考えられるが、それがもたらしたのは、むしろアンダーグラウンド・マーケットにおいて同商品の注目度が高まったという皮肉な結果だった。前出のドラッグ・ディーラーは事件から2年半後の現状を以下のように説明する。

「現在、日本ではTHCリキッドを入れたアトマイザーの末端価格は2万5000円から、最大で4万5000円ぐらいだと思います。それで1本につき大体100ヒット(回)ぐらい吸える」

 アメリカに比べてかなり高額なのは、日本においてはアンダーグラウンドでもまだ珍しいからだろう。フラワーのようにマニアが多い商品や、覚醒剤のように昔から流通しているものと違って相場を理解していないユーザーが多いため、値段を吹っかけているディーラーも多いと思われる。

「4万5000円っていうのはさすがに高いですけど、モノは同じでも梱包をちょっとオシャレにしておけば、キャバ嬢の誕生日プレゼントに買っていくヤツもいるんですよ」

 広告代理店で働く30代の男性は、コロナ禍の生活の中でTHCリキッドにハマったという。彼は以前から仕事の疲れを癒すためにマリファナを使用していたが、THCリキッドの良さはなによりも“匂い”が少ないことだと語る。

「マリファナって独特の良い香りがするわけですが、ジョイントやパイプだと煙が出て、慣れない人にとってはかなり強烈な匂いなんですよね。以前は家族みんなが寝静まった後に風呂場で換気扇を回して吸っていた。それでもいつ起きてくるかヒヤヒヤで。でもTHCリキッドをヴェポライザーで加熱すれば、ほとんど匂いがない。コロナで在宅ワークになってストレスも溜まっていたんですが、昼間に自分の部屋で吸っていてもバレないので本当に助かります」

12

なぜ合法化が進むアメリカで“密造大麻”が流通?──THCリキッド市場が拡大! 日米マリファナ最新裏事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

蒼井優主演『フラガール』俳優になる原点

 こんばんは、宮下かな子です。  2年程前か...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真