日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 伝説のクソゲー『ファイナルソード』が復活

わずか4日間で配信停止の伝説のゲーム『ファイナルソード』が新エディションで登場!ゲーム性は変わらずクソゲー!?

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

 2020年にマイニンテンドーストアで配信されたお騒がせRPG『ファイナルソード』。本作は同年7月に配信が開始されたものの、わずか4日間で配信停止となった伝説のゲームでもある。

 この『ファイナルソード』が、装いを新たに2021年1月21日に『ファイナルソード DefinitiveEdition』として配信が開始された。一連の騒動の流れから新エディション登場までの経緯をまとめた。

 2020年7月にマイニンテンドーストアに登場した『ファイナルソード』は、Switch向けのアクションRPG。当時1,890円で配信されていたこのタイトルは、母親の病を直すためにキングダムへと冒険に旅立つというよくある設定の3DオープンワールドアクションRPGだ。

 しかし、そのゲーム性が令和時代にありえないクソゲーだったため、ゲームファンの間で話題となった。グラフィックも独特の味のあるチープさということもあり、物珍しさにプレイを始める者もいたぐらいだ。

 さらに追い打ちをかけたのが、ゲーム内で使用されているBGM。まさにこれが配信停止の引き金となった。具体的にはアンダス村でのBGMで、この楽曲が『ゼルダの伝説』シリーズで使用されている『ゼルダの子守唄』とほぼ同じで盗用しているのではないか? という指摘が出てきたのだ。

 この件について、『ファイナルソード』販売元のエイチユーピーゲームズは、企業から購入した音源であると主張して盗用疑惑を否定。しかしながら、任天堂の看板タイトルの1つの『ゼルダの伝説』であることを考慮してか、同作配信開始4日後に配信を停止。加えて、BGM差し替え対応について動き始めており、これらが整い次第配信再開をしたいと表明していた。

123

わずか4日間で配信停止の伝説のゲーム『ファイナルソード』が新エディションで登場!ゲーム性は変わらずクソゲー!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

「部落問題」を明るく語り合う実録映画

 マスコミタブーのひとつ、よく分からないから...…
写真
インタビュー

大村崑、89歳になった今も「元気ハツラツ!」

「元気ハツラツ!」。現在89歳になる大村崑師匠は、テレビ放送の黎明期から生放送の人気...
写真