日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 視聴時間から見る人気eスポーツタイトルは意外な…

eスポーツタイトルの年間1億分視聴を超えた5つのゲーム!スマブラ、シャドバと並びサービス開始半年のVALORANTも

文=辻 英之(つじ・ひでゆき)

 オンラインでの参加・観戦ができるeスポーツは、コロナ禍においても着実にその裾野を広げているジャンル。2020年はオフラインでの大規模大会は中止になることが多かったものの、オンラインでの配信を目にする機会も多かった。

 2021年1月7日、配信技研が2020年に国内で開催された競技大会を対象にしたライブ配信の合計視聴時間を算出した結果を発表。その中には、eスポーツを代表する定番タイトルはもちろん、意外なタイトルも視聴されていることがわかる。

 まずはその内容を俯瞰してみたい。なお、この視聴時間は、Tier1が1億分以上、Tier2が3,000万分以上、Tier3が1,000万分以上となっている。

■Tier1:1億分以上

League of Legends
Shadowverse
VALORANT
大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
IdentityV 第五人格
PlayerUnknown’s BattleGrounds

■Tier2:3,000万分以上

Apex Legends
レインボーシックス シージ
ストリートファイターVシリーズ
PUBG MOBILE
荒野行動

■Tier3:1,000万分以上

スプラトゥーン2
グランブルーファンタジー ヴァーサス
プロ野球スピリッツA
モンストスタジアム
鉄拳7

・期間:2020年1月1日~12月31日
・対象:日本国内で開催されたゲームの競技的大会
・単位:ライブ配信の視聴時間合計(分)

123

eスポーツタイトルの年間1億分視聴を超えた5つのゲーム!スマブラ、シャドバと並びサービス開始半年のVALORANTものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

『ブレイブ-群青戦記』宮下かな子インタビュー

 新田真剣佑が主演をつとめる映画『群青戦記 グンジョーセンキ』が、3月12日から全国...
写真