日刊サイゾー トップ  > 激辛+個性が光るカップ麺3連発

「辛辛魚」はもう13年目! 激辛+個性が光る名店再現系人気カップ麺3連発

‘注目のご当地麺「宮崎辛麺」の人気店監修!「ラーメンぴあ 辛麺屋一輪監修 宮崎辛麺50辛」’

「辛辛魚」はもう13年目! 激辛+個性が光る名店再現系人気カップ麺3連発の画像6
明星食品「ラーメンぴあ 辛麺屋一輪監修 宮崎辛麺50辛」(2021年1月18日発売)

 続いては、明星食品の「ラーメンぴあ 辛麺屋一輪監修 宮崎辛麺50辛」245円(税別)。ここ数年で注目度が増しているご当地麺「宮崎辛麺」のカップ麺です。東京・目黒などにお店のある「辛麺屋 一輪」監修による、お店で最も辛い辛麺「マグマ(50辛)」が再現されています。

「宮崎辛麺」は、唐辛子で真っ赤な醤油味のスープにニンニクを強く効かせ、大量のかきたまやニラを入れて仕上げているのが特徴。注目のご当地麺として、近年はカップ麺や袋麺で再現されることが多くなってきました。

「辛辛魚」はもう13年目! 激辛+個性が光る名店再現系人気カップ麺3連発の画像7
唐辛子(赤)、かきたま(黄)、ニラ(緑)で信号機みたいな色合い

 大量の唐辛子とかきたま、そしてニラが入っています。信号機みたいな色合い。お店だと挽肉も入っていますが、カップ麺では肉系のものは一切入っていません。それにしてもすごい唐辛子の量で、これだけでビビる人も多そう。

「辛辛魚」はもう13年目! 激辛+個性が光る名店再現系人気カップ麺3連発の画像8
辛子とかきたまで覆われるスープ

 唐辛子で真っ赤に染まったスープに、黄色いかきたまの色合いは、さながら炎のようです。再現しているメニュー名と同じく、まさに燃えたぎるマグマ。炎柱の煉獄さんカラーですね。もしくは、ポケモンのブーバー。

 鶏豚ベースのしょうゆ味で、大量の唐辛子によって激辛スープとなっています。お店では、こんにゃく麺やうどんも選べますが、今回は中細で縮れのついたノンフライ中華麺が合わせられています。

「辛辛魚」はもう13年目! 激辛+個性が光る名店再現系人気カップ麺3連発の画像9
スープにかきたまやニラが浮いている

 大量に唐辛子が入っているのでもちろん激辛なのですが、「マグマ(50辛)」を再現したとは言っても、他の激辛カップと比べて特別辛いというわけではありません。

 激辛なのはもちろん魅力ですが、大量の唐辛子粉末が麺に絡んだザラついた独特の食感や、辛さの中でかきたまの甘みが映えることに魅力を感じました。ただ、大量の唐辛子で辛味に重点が置かれた分、他の宮崎辛麺のカップ麺ほどニンニクの存在感がないのは残念でした。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真