日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 週刊誌スクープ大賞  > 菅首相の意に沿わない人間は斬る!

菅首相の意に沿わない人間は斬る! かくして官僚は首相官邸だけのポチとなる

文=元木昌彦(もとき・まさひこ)

しぶひな熱愛、淡い恋かと思いきや肉弾戦に発展!?

 さて、「フライデー」(講談社)が久々、会心のスクープを放った。

 12月の「全米女子オープン」で4位と健闘した渋野日向子(22)が、帰国、自主隔離が終わった直後の1月5日、ワンボックスカーで真っ先に訪れたのはテレビ東京の野沢春日アナウンサー(31)の家だったという。

「野沢アナは明治大学を卒業後、鷲見玲奈アナ(30)と同じ`13年にテレビ東京に入社しました。朝の経済番組『Newsモーニングサテライト』をはじめ、ゴルフ、卓球などのスポーツ中継を担当しています。爽やかイケメンなので女性にモテるのですが、イジられキャラという一面もあります」(テレ東社員=フライデー)

 だが、女性の運転手が野沢(1月2日が野沢の誕生日だったらしい)にプレゼントを渡しただけで、帰ってしまったそうだ。

「野沢アナは年末に新型コロナウイルスに感染し、この日は自宅で療養中だったのです。すでに症状はだいぶ落ち着いていたようですが、少しでも接触を避けるため、運転手を介したのでしょう」(同)

 2人が知り合ったきっかけを、渋野を知るゴルフ関係者はこう語っている。

「`20年1月放送のスポーツトーク番組に渋野が出演したことです。その番組で野沢アナは進行役を務めていました。そこから複数人で会食に行くうちに渋野のほうが野沢アナに惹かれていったようです。その後、二人きりでデートをするようになり、秋頃に交際が始まりました」

 笑顔の可愛さが最大のチャームポイントの渋野だから、野沢アナとの交際も「淡い初恋」のようなものかと思ったら、そうではなかった。

「1月11日の夜7時半過ぎ、野沢アナは自宅から歩いて数分のところにある、高級ホテルに向かった。彼が再び姿を現したのは翌朝10時。その約30分後、今度は渋野がホテルを後にし、迎えの車で去っていった。前日の夜は二人きりで楽しく時間を過ごしたのだろう」(フライデー)

「翌週の1月20日も、二人は逢瀬を重ねていた。場所は先週と同じホテルだ」(同)。まさに男と女の「肉弾戦」、世界の中心で愛を叫んでいたのだ(なんのこっちゃ)。

 フライデーの直撃に渋野は、「えーっ! 私!? なんで私~!?」と驚いていた。

 デジタル版には野沢のゴルフ練習場での姿も掲載されているが、なかなかの腕前のようだ。渋野の試合で、野沢がキャディを務めるという姿が見られるかもしれない。

 国会の論戦を聞いていて、我々はコロナ禍と闘っているだけではなく、菅義偉という“国難”とも闘わなくてはいけないということがよくわかった。

 立憲民主党の石橋通宏議員が、コロナ禍の下で収入を失い路頭に迷い、命を落とす人が増えているが、これでも自助を求めるのかと問うと、菅首相は、「最終的には生活保護という仕組みがある」と、驚くべき答弁をしたのである。

 蓮舫は、「生活保護に陥らせないのが首相の仕事ではないか」と批判したが、当然である。さらに付け加えれば、菅という人間は生活保護の申請条件がどのようなものなのか、申請に行っても、窓口で無慈悲に追い返されるケースが多いことなど、頭の片隅にもないのだろう。

 夜のニュースやワイドショーをいくつか見たが、この発言を真っ向から批判したところはなかったように思う。

 だが、これは池田隼人元首相が蔵相時代、コメの値段が高騰していることに対して庶民の怒りが高まっている最中に、「貧乏人は麦を食え」と暴言を吐いたが、それに匹敵するものである。

 上がこの程度だから、その下っ端たちが更に始末が悪いことは、自明の理である。

 永田町の「マツジュン」こと自民党の松本純元国家公安委員長(70)が、通常国会が召集された1月18日夕方から、中央区内にあるイタリア料理店、銀座2軒をはしごして、11時過ぎまで飲み歩いていたと、新潮が証拠写真と記事を掲載している。

 このイタリアンはマフィアのラッキールチアーノの末裔がやっているという「ウ・パドリーノ」だろう。松本議員の親分で「ギャングスタイル」が大好きな麻生太郎副総理もよく顔を出すそうだ。

 マツジュン、ここへ女性2人(新潮の描写だと、どうやら銀座のママとホステスのようだが)と入り、3時間近く食事をしたようだ。

 女性2人が先に出て、松本議員はタクシーで銀座へ。1軒目は滞在時間30分ぐらい。次に入った店では2時間も滞在したそうである。タクシーを拾って議員宿舎に向かったのは11時20分頃だった。

 新潮に直撃された松本議員は、イタリア料理店へ行ったことは認めたが、銀座へ行ったことは認めない。だが、当夜の写真を見せると観念したのだろう、1軒目の銀座の店では、これからどうするかを相談されたが、酒はまったく飲んでいないと話す。

 2軒目は、どういう状況かと見に行ったので、酒は1~2杯飲んだが、「これは、お茶代わりで出てきたようなもので……」と苦し過ぎるいい訳。

123456

菅首相の意に沿わない人間は斬る! かくして官僚は首相官邸だけのポチとなるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

アルフィー高見沢かつら疑惑につっこみ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

若者へのドリーム・ハラスメント

「夢を持て」とよく言われる。しかし、夢を叶えられる人ばかりではないし、社会経験もない...
写真