日刊サイゾー トップ > スポーツ  > 女子マラソンで見えた“日本勢の限界”

大阪国際女子マラソン、近隣住民からクレームも? テレビ映えしない周回コースで見えた“日本勢の限界”

文=日刊サイゾー

大阪国際女子マラソン、近隣住民からクレームも? テレビ映えしない周回コースで見えた日本勢の限界の画像1
大阪国際女子マラソン公式サイトより

 1月31日、大阪国際女子マラソンが開催された。国内の女子マラソン大会としては、名古屋ウィメンズマラソンと並ぶ「大阪国際」は、東京五輪を占う上で重要なレース。今大会は新型コロナウイルス感染拡大を受け、わずか10日前にコース変更が発表され、1周2.8kmのコースを14周回る方式で、無観客で行われた。レースは序盤から五輪代表の一山麻緒と前田穂南の2人が飛び出す予想通りの展開となったが、不慣れな周回コースには誰もが戸惑った。

「景色が全然変わらないので、走るほうはもちろん、見ているほうも退屈なレースでしたね。マラソン中継では、沿道の声援や刻一刻と変わる風景を伝えるのもアナウンサーの腕の見せどころですが、今回は話すネタが無いので、ペースやタイムの話しばかり。スタートからゴールまで画面に一番大きく映っていたのはペースメーカーの川内優輝でしたし、周回遅れのランナーがいるためか、伴走カメラを細かく配置できず、3位以下のランナーはほぼ映りませんでした。おまけに、空撮のヘリがずっと同じ場所にいるため、近隣住民から『ヘリがうるさい』という苦情もあったようです」(キー局スポーツ部関係者)

 マラソンという競技自体、ハラハラ・ドキドキ感は乏しいが、景色が単調で、映る選手も限られれば、いよいよ「退屈」という2文字が頭をよぎることになる。それでも期待の2人が1位と2位でフィニッシュし、五輪は安泰かと思いきや、関係者の見かたは厳しい。

「五輪の女子マラソンというと、有森裕子が2大会連続(バルセロナ=92年、アトランタ=96年)でメダルを獲得し、シドニー(00年)では高橋尚子が、アテネ(04年)では野口みずきが金メダルを獲得。日本の得意種目という印象があるかもしれませんが、北京(08年)以降は惨敗が続いており、野口が出した日本記録は15年も抜かれていません。

 今回の大阪国際は気温10℃でほぼ無風、コースは平坦、ゴールまで男子選手のペースメーカー付きという、この上ない好条件でしたが、期待された日本記録更新どころか2時間20分を切ることもできませんでした。高橋尚子がアジア大会で、気温30℃の中、2時間21分台で優勝したのと比べると、実力の差を感じます。

 日本勢が停滞している間に、世界記録は2時間14分台に到達しており、一山と前田のベストタイムとは5分以上の差があります。もう本番までは日がありませんが、もっと力をつけないと、五輪ではレース開始直後に先頭集団からこぼれ落ちてしまうような悪夢もあり得るでしょう」(週刊誌五輪担当記者)

 号砲が鳴るのは8月7日。残された時間は多くない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/03 08:00

大阪国際女子マラソン、近隣住民からクレームも? テレビ映えしない周回コースで見えた“日本勢の限界”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

星野源の「一番ヤバいこと」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真