日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > えいたそ&ケンザのウイニングサイファー!

『フリースタイルティーチャー』でんぱ組卒業に自ら花を添えた成瀬瑛美&“優勝請負人”KEN THE390のウイニングサイファー!

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

成瀬の世界観はロサンゼルスどころか宇宙!

 第3試合は成瀬 VS risanoの一戦。優勝決定戦最後の試合だ。戦前、risanoについて「ディスるべきポイントが見つからない」と口にした成瀬に掛けたケンザのアドバイスがイカしている。

「risanoもHIP HOPアイドルだけど、ガチアイドルとしてのプライドを見せつつね。『アイドルをこれだけやった私にしか見えない景色がある』っていうのを言ってやれば、イケる」(ケンザ)

 ケンザは頼もしいセコンドだ。アイドルという職業への理解に全く間違いがない。

 というわけで始まった最後のバトル。先攻はrisanoで、ビートはSHINGO★西成「大阪UP」だった。

risano 「私はロサンゼルス2年半留学して 
     マジ熊みてぇな奴と友達になって
     ここに登場 フリースタイルティーチャー」
成瀬  「ロサンゼルスの日の光 私も浴びてきたよ
     ライブもしてきて アメリカの皆もファンにつけた」
risano 「てか あなたのロサンゼルスと
     私のロサンゼルスの価値観 全然違うもの
     だから そこだけはゴメンやで」
成瀬  「私は世界を見てる 宇宙から見下ろしてる
     世界のスーパーアイドルとして
     皆を幸せにする為にラップしてるんだ」

 risanoは作戦をミスったか? ロサンゼルス留学の経験を誇ったら、対する成瀬はロスでライブをしていたという倍返し。ここで一気に劣勢になってしまった。risanoも「大阪UP」に合わせ「ゴメンやで」と関西弁を放り込む機転を見せたが、そういったrisanoのスキルを成瀬の世界観が完全に塗りつぶしたように見えた。ロサンゼルスの経験を持ち出し、ワールドワイドな価値観を誇ったrisano。しかし、成瀬はロサンゼルスから世界へ行き、そして「宇宙から見下ろしてる」である。価値観のステージをrisanoより1段引き上げている。『スター☆トゥインクルプリキュア』(テレビ朝日系)で“宇宙人プリキュア”キュアスター役の声優を務める彼女らしいライムだ。

 そして、「世界のスーパーアイドルとして皆を幸せにする為にラップしてるんだ」という締め。確かにさっきのバトルでyukarinから笑顔を引き出していたし、「幸せにする為にラップしてる」という成瀬の言葉に嘘はない。10年以上のキャリアを持つ“宇宙から見下ろす世界のスーパーアイドル”の底力を感じた。このバトルは成瀬が勝利し、優勝決定戦を2戦全勝で終えた成瀬が今シーズンの覇者に決定! 

 そういえば、リーグ初戦で成瀬はyukarinに敗北していた。しかし、あれよと優勝決定戦へ勝ち進み、そして遂には優勝を果たしている。まさに、「マイナスからの№1」(でんぱ組.inc『でんでんぱっしょん』の歌詞)を体現しているじゃないか。でんぱ組からの卒業に成瀬は自ら花を添えたのだ。

1234

『フリースタイルティーチャー』でんぱ組卒業に自ら花を添えた成瀬瑛美&“優勝請負人”KEN THE390のウイニングサイファー!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  猛暑...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真