日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > TAIGAの涙で見たリアルと演出の間

「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」TAIGAの涙で見た、お笑い芸人が揺れるリアルと演出の間

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

リアリ“ティ”が許されなくなったバラエティ

 僕はリアリティショーを見る時に完全なるリアルだと思って見ることはない。『ガチンコファイトクラブ』、『あいのり』など、過去に放送されたリアリティショーに台本があったという話があるように、今のリアリティショーにもある程度の演出があると思って見ている。それがテレビのリアルで、エンターテイメントのリアルなのだ。

 悲しいことにテレビは僕が子供の頃に見ていた手の届かない世界ではなくなり、いつの間にかリアルなものしか許されないものになってしまった。それはを僕はとてもつまらない世界になってしまった、と思う。

 考えて欲しい。

 皆さんは素の自分で人に接しているだろうか?

 少なくとも素の部分は見せず、外で見せる自分にはある程度自己演出をしているはず。良く思われたいから腹が立っても顔に出さなかったり、相手の成長を願い憎まれ役になってみたり、素の自分では無い自分で人と接している場合がほとんどだろう。

 普通の生活にも少なくとも演出があるのだから、テレビに演出があっても許されるべきである。

 業界に身をおく方以外にとって、エンターテイメントは娯楽であり、趣味であり、日常の仕事や生活を一瞬でも忘れさせてくれるストレス解消のツールかもしれない。

 演出があろうがなかろうが、面白いを素直に面白いと感じる寛容な心と、現実世界ときっちりわけて認識するマインドがあれば、あの頃の面白いエンターテイメントが復活する日もそう遠くはないだろう。

 いつか半魚人がカフェを開く日がまた、来ますように。

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

檜山 豊(ひやま・ゆたか)

1996年お笑いコンビ「ホーム・チーム」を結成。NHK『爆笑オンエアバトル』には、ゴールドバトラーに認定された。 また、役者として『人にやさしく』(フジテレビ系)や映画『雨あがる』などに出演。2010年にコンビを解散しその後、 演劇集団「チームギンクラ」を結成。現在は舞台の脚本や番組の企画などのほか、お笑い芸人のネタ見せなども行っている。 また、企業向けセミナーで講師なども務めている。

Twitter:@@hiyama_yutaka

【劇団チーム・ギンクラ】

最終更新:2021/02/11 19:00
12

「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」TAIGAの涙で見た、お笑い芸人が揺れるリアルと演出の間のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

沖縄電子少女彩インタビュー

 2000年8月7日生まれ、20歳という若さでありながら、自身の出身地である沖縄...
写真