日刊サイゾー トップ > カルチャー  > 米ドラッグビジネス最新事情

ドラッグ疲れでメディテーション──大麻・瞑想・オーバードーズ! 米ドラッグビジネス最新事情

文=小林雅明

ドラッグ中毒は卒業しビジネスの従事者へ

ドラッグ疲れでメディテーション──大麻・瞑想・オーバードーズ! 米ドラッグビジネス最新事情の画像4
女性関係とドラッグで満身創痍となったラッセル・シモンズは、誰よりも早く瞑想ビジネスへ着手。今やウータン・クランのRZAも瞑想アルバムを出すほど、現地では大きなビジネスとなっている。(写真/Getty Images)

 前述のシモンズは、超越瞑想の専門家として数々の著作を発表し、アプリ開発にも積極的に携わっている。ドラッグ(と女)疲れから瞑想ビジネスに着手したシモンズだが、あのプロデューサー兼ラッパーも新たなビジネスに鼻息を荒くしているようだ。

「瞑想ビジネスで成功しているのはシモンズのほかにいないと思いますが、パフ・ダディが『ハフポスト』の創始者であるアリアナ・ハフィントンと“睡眠のための瞑想音源”を発表したので、追随するラッパーは出てくるかも。アプリでいえば、コカインや処方薬中毒によってうつ病を発表したキッド・カディが制作に着手しているという話もあります」(同)

 キッド・カディといえば、リル・ピープやジュース・ワールド、マック・ミラーなどが取り上げられる以前、09年のデビューアルバム『Man on the Moon: The End of Day』の時点で、メンタルヘルスとドラッグについて正面から取り組んでいた重要なアーティストである。ミラーも生きていれば彼以上の存在になっていたかもしれないが、カディのビジネス参入は、元ドラッグユーザーだからこそ説得力のあるものだ。

 かつて売人経験のあるラッパーは、「自分はドラッグに手を出さない。ビジネスで使う売り物だから」──そんな線引きをしていた。そして、ラッパーとして成功した彼らは、違法だったドラッグが合法化されるタイミングでビジネスに乗り出す。

 とにかく、違法/合法、裏/表の線引きだけはできていた。だが、誰もがそうできるとは限らない現実もある。曲は売れないから、ひたすらライブを演って稼ぐ。そのため、アーティストとして長期的ビジョンなど持つ余裕もなく、ひたすらツアーでスケジュールを埋める。スケジュールをこなすためなら、違法ドラッグの代用品として、合法ドラッグの過剰摂取さえ行う。さらに、その苦難を乗り切ったラッパーが始めるのは、音楽への専念だけでなく、そこを抜け切れなかった頃の自分のような相手を救済することが目的のビジネス展開。

 20年のラップシーンとドラッグの関係から見えてくるのは、ラッパーの目の前に広がる、“裏ワザ”しか通用しない、矛盾に満ちた世界なのだろうか。

(文/小林雅明)

最終更新:2021/02/19 08:00
123

ドラッグ疲れでメディテーション──大麻・瞑想・オーバードーズ! 米ドラッグビジネス最新事情のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

米倉涼子、次は学園モノで教師役?

 昨年3月、27年間所属していた大手プロ「オ...…
写真
インタビュー

瀧澤謙太、RIZIN初参戦インタビュー

 9月27日(日)開催の格闘技イベント「RIZIN.24」に、高いKO率を誇る危険な...
写真