日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 松本潤、裏方転身説消滅

松本潤、俳優業が続々決定で裏方転身説は消滅? ジャニーズ「滝沢一強」体制に心配も

文=田井じゅん(たい・じゅん)

松本潤、俳優業が続々決定で裏方転身説は消滅? ジャニーズ「滝沢一強」体制に心配もの画像1
『99.9 -刑事専門弁護士-the movie』(公式サイトより)

 嵐の松本潤が主演するTBS系ドラマ『99.9 -刑事専門弁護士-』が映画化され、今冬に公開予定であることが明らかになった。松本は、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で主演を務めることが発表されており、続けざまに俳優としての大きな仕事に臨むことになる。

 嵐ではグループのプロデューサーとして、制作に関する総合的なディレクションを担っていた松本。活動休止後は、裏方に回り、後輩グループであるジャニーズJr.の「美 少年」のプロデュースをするのではないかとも囁かれていた。

「松本は、滝沢秀明副社長のように完全に芸能界を引退することはないとしても、裏方仕事に軸足を置いた活動になるのではないかと言われていました。なので、しっかり俳優仕事に打ち込んでいるのは意外です」(音楽業界関係者)

 松本のファンにしてみれば、大作で主演を務める姿が見られるのはうれしいことだろう。しかし、ジャニーズ事務所のことを考えると、裏方に回ってほしかったという声もある。

「現在、ジャニーズJr.の総合的なプロデュースは、基本的に滝沢副社長が担当しています。もし、ここに割って入るように松本が後輩のプロデュース業に本腰を入れたら、ジャニーズ事務所内でライバル関係が生まれるはずだったわけです。それこそ“滝沢派”と“松本派”に分かれてしのぎを削れば、Jrのレベルもどんどん上がっていったかもしれない。

 でも、松本が俳優に専念することで、“滝沢一強”体制になり、ライバル関係による相乗効果はなくなってしまう。ジャニーズ事務所のことを考えれば、松本が裏方に入ったほうがよかったのではないかと思います」(同)

 ジャニーズ事務所内の“ライバル関係”ということでは、藤島ジュリー景子社長率いる“ジュリー派”、SMAPの育ての親である飯島マネージャーによる“飯島派”、ジャニー喜多川前社長の直属となる“ジャニー派(中立派)”に分かれていた。しかし、飯島氏が退社し、ジャニー喜多川氏が亡くなったことで、飯島派とジャニー派は消滅。現在は、派閥によるライバル関係はほぼなくなっているという。

「ジャニーズも飯島さんがいたころのほうが、勢いがありました。いわば、飯島さんとジュリーさんの代理戦争といった形で、若手グループが競わされていましたから。それを考えると、ジャニーズ事務所の勢いを取り戻すには、滝沢派と松本派の対立構造が必要なのかもしれません。まあ、滝沢副社長としては松本がいないほうが自由にやれて助かるという気持ちもあるかもしれませんが」(同)

 滝沢一強の生温い体制では、ジャニーズ事務所の未来はそう明るくはない。ジャニーズ事務所を救うのは「俳優・松本潤」ではなく、「プロデューサー・松本潤」なのかもしれない。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/02/20 12:00

松本潤、俳優業が続々決定で裏方転身説は消滅? ジャニーズ「滝沢一強」体制に心配ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

菅首相長男、違法接待の罪と罰

今週の注目記事・第1位「菅長男『違法接待』本...…
写真
インタビュー

PANTA「頭脳警察」伝説

「3億円事件」の指名手配写真をジャケット画にしたデビューアルバムは発売中止、セカンド...
写真