日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > ペヤング「良い子・悪い子・普通の子」

ペヤングカップ焼きそば新作は、まるで“良い子・悪い子・普通の子”の3兄弟!? 

“普通の子”…ではないこってり感「ペヤング こってりラー油ガーリックやきそば」

【完成】ペヤングカップ焼きそば新作は、まるで良い子・悪い子・普通の子の3兄弟!? の画像10
「ペヤング こってりラー油ガーリックやきそば」(2021年1月25日発売)

 最後に紹介するのは、「ペヤング こってりラー油ガーリックやきそば」193円(税別)。「こってり」「ラー油」「ガーリック」というパワフルな単語と炎のようなパッケージを見て、どこが普通の子なの? と思われてしまうかもしれませんが、ちょいワル的な感じでしょうか。

【完成】ペヤングカップ焼きそば新作は、まるで良い子・悪い子・普通の子の3兄弟!? の画像11
「ラー油」より「ガーリック」より、「こってり」が強い!

 醤油味のベースにラー油やガーリックを効かせたソースに、いつものペヤングの麺を合わせています。「獄激辛」を経験してしまった後だと、ラー油の文字だけで腰が引けそうですが、実際は中辛~辛口程度の常識的な辛さ。ガーリックの味もそれほど強くありません。

 しかし意外なところから一撃が。「こってり」要素が強烈で、大量の豚脂が入ってい脂ギッシュなのです。胃もたれレベルで、豚脂とラー油を合わせて超絶こってり。さすがペヤング、“普通”なんてあり得ないと改めて感じさせられました。

【完成】ペヤングカップ焼きそば新作は、まるで良い子・悪い子・普通の子の3兄弟!? の画像12
大きなフライドガーリックや大量の唐辛子は凶暴

 具として入っているのは、大きなフライドガーリック、ネギ、輪切りの唐辛子。いつものキャベツやひき肉ではありませんが、ボリュームはあります。大きなフライドガーリックや大量の唐辛子は凶暴で、ソースの「ガーリック」や「ラー油」を補強していました。

 自分で言っておいてなんですが、ホントどこが“普通の子”なんだかわからなくなってきました。

2021年もペヤングは絶好調!

 まだ2021年に入って2ヶ月も経っていませんが、すでに飛ばしまくっているペヤング。語呂がいいので「良い子・悪い子・普通の子」と括ったものの、実際には全部“悪い子”だったといえます。つまり、今年もペヤングは絶好調のようです。

 次はどんな商品で私たちを驚かせてくれるのか。できれば超大盛とか超激辛ではなく、もっと体を労ってくれそうなやさしい驚きが欲しいところですが、これからも覚悟して食べていきたいと思います。

オサーン(カップ麺ライター)

カップ麺ブロガー&ライター。ブログで10年以上、5000食以上のカップ麺新商品をレビューしています。@ossern「カップ麺をひたすら食いまくるブログ」

おさーん

最終更新:2023/02/27 21:38
123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed