日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂上忍のリアクションに批判殺到

新コーナーが台無し!? 『バイキング』坂上忍のリアクションに批判殺到

文=日刊サイゾー

『バイキングMORE』フジテレビ公式サイトより

 トークバラエティ番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)でスタートした新企画に、さっそく苦言が集まっている。

 問題となっているのは、人気アカペラ番組『ハモネプリーグ』(同)とコラボしたコーナー。『バイキング』の曜日女子アナウンサーたちでアカペラチームを組み、番組のリーグに挑戦するという企画となっていた。

 実は企画は昨年11月から始動していたといい、大学時代アカペラサークルに入っていたという永尾亜子アナウンサーは憧れの『ハモネプ』に出られることに歓喜。杉原千尋アナウンサーは音大出身、佐久間みなみアナウンサーはアメリカでコーラス隊に所属していたこともあり、実力派ぞろいと紹介された。

 しかし、そのなかでまったく歌に自信がなさそうだったのが久慈暁子アナウンサー。歌を人前で歌ったことがほとんどないといい、試しに『おどるポンポコリン』を歌ってみると、自信のある3人に比べ、決して上手いとはいえないクオリティだった。

 そこで、この日はボーカルトレーナー・しらいりょう氏を招き、リモートでボイストレーニングを受けることに。ペットボトルにタピオカ用の太いストローを刺し、咥えて息を吐き出し、肺活量を鍛えるというトレーニングを行っていた。

 結果、見事声を出しやすくすることに成功していたが、視聴者からはある苦言が集まっているという。

「視聴者から苦言が集まったのは、ワイプに映る坂上。実は久慈アナの歌声はトレーニング前から上手いとは言えないものの、決して下手ではなく、きちんと音程も守って歌えていました。それなのにも関わらず、坂上は久慈アナの歌声に大袈裟に驚き、口を大きく開けて呆気にとられたような表情を演出。さらにトレーニングではストローで息を吐き、ペットボトルの水をブクブクとさせている際には嫌なものを見るかのように顔をしかめていました。この様子に視聴者からは、『別に下手じゃないのに歌い出した瞬間しかめっ面する坂上忍にイライラした』『坂上忍、大袈裟すぎて違和感』『あんな顔する意味が分からない』という声が続出。女子アナの頑張りをMCが無駄にしたかたちになったようです」(芸能ライター)

 果たして挑戦自体は成功するのだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/23 10:00

新コーナーが台無し!? 『バイキング』坂上忍のリアクションに批判殺到のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

コロナ禍の宅配に置き配バッグ「OKIPPA」

新型コロナウイルスの感染拡大によって、私たちの生活様式は大きく変わっている。不要不急の外...
写真