日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 出川哲朗、愛車特徴に視聴者騒然

出川哲朗、『アメトーーク!』で愛車の特徴を明かして視聴者が騒然「テレビで言っちゃダメ」

文=日刊サイゾー

『アメトーーク!』テレビ朝日公式サイトより

 3月4日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で「旧車芸人」第2弾が放送され、22年間ポルシェ964カレラ2に乗り続けているお笑いタレントの出川哲朗が登場。愛車の現在のある特徴を明かし、視聴者を騒然とさせる一幕があった。

 この日、最初は局の駐車場に集合し、自身らの愛車を軽く走らせ、自慢していた旧車芸人たち。そんな中、出川はなぜか助手席から乗り込み出演者たちを困惑させていたが、その理由について聞かれると、「(運転席の)ドアがぶっ壊れてて開かないんですよ」と告白。出川によると、カギを開けようとするとカギの中身が出てしまい、回すことができないという。

 さらに出川はその弊害について、「鍵がかかんないから、コンビニに買い物とかどこか行く時開きっぱなしだからこうやって一応鍵をかけたふりしてどこか行く」とカギをかける仕草をしてから車を離れるという。しかし、やはり愛車がいたずらされないか買い物中も不安なようで、「だから正直内心ドキドキしてるの」と簡単に修理することができない旧車ならではの悩みを吐露していた。

 しかし、それでもこの車に乗り続ける理由について出川は、自身が小学生のときに流行した走り屋をテーマにした漫画『サーキットの狼』に触れ、主人公のライバルがポルシェカレラに乗っており、出川は小学生の時にこの車に乗ることを決意。「将来頑張って絶対この車に乗ろうと思ってライオンとかサメと戦って買った車です」と熱弁していた。

 しかし、出川の発言に視聴者からは、「テレビで言っちゃったらダメじゃないか…?」「これ言ったらヤバいって気づいてないのかな?」「全国ネットで鍵壊れているのバラしてどうする!」という困惑が集まってしまっていた。

「現在はかなり高価となっており、実際に街を走っている数も決して多くはない出川の愛車。それだけにこの車に遭遇した場合、出川の愛車である確率が高いということもあり、視聴者からは多くの心配の声が寄せられました。とはいえ、鍵を掛けるフリまでしているのにも関わらず、テレビで大々的に言ってしまうという天然っぷりを披露した出川。視聴者からは『可愛い』『さすが』という面白がる声も寄せられていました」(芸能ライター)

 出川の愛車が今後も無事であることを願う。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/08 10:00

出川哲朗、『アメトーーク!』で愛車の特徴を明かして視聴者が騒然「テレビで言っちゃダメ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

初開催で約2000人来場

 大阪湾に注ぐ木津川に面した、無骨な一帯。そこに前衛的であり、しかし前時代的とも称...
写真