日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 晋平太、ディスはリスペクトの表れ

『フリースタイルティーチャー』晋平太の戦略は吉と出るか? 徹底リサーチありきのディスはリスペクトの表れ

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

【確認中】『フリースタイルティーチャー』晋平太の戦略は吉と出るか? 徹底リサーチありきのディスはリスペクトの表れの画像1
ABEMAオフィシャルサイトより

 3月3日に放送された『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)で、「男性アイドルラッパー育成SP」総当たり戦に備えての最終レッスンが行われた。

末吉9太郎と原田龍二がダブる!?

 やはり、最注目は末吉9太郎(CUBERS)だろう。前シーズン(女性アイドル編)で台風の目になった恋汐りんごのようなダークホース枠と言える。そんな彼にティーチャー・SAMが課したのは、「ぽんぽこ狸の韻踏み返しMCバトル」だった。これは、相手のラップを利用して押韻したアンサーを返すというレッスン。9太郎の相手としてSAMが呼び寄せたのはバチスタである。確かに、SAMとバチスタは兄弟のように仲がいい。だからと言って、バチスタを「ぽんぽこ狸」呼ばわりしないでも……。

 というわけで、“ぽんぽこ狸”バチスタを相手にしたMCバトルがスタート。しかし、相手が出した単語で踏み返すなんてかなり高度な注文だ。案の定、9太郎はこなすことができず、温厚なSAMが「ヤバいかもしれない」とダメ出しするほど苦戦した。というか、それ以前にバトル中の9太郎は声量が小さい。韻を気にせず、まずは発声を鍛えたほうがいいような気もするが……。

 しかし、レッスン開始から2時間を超えた辺りから進歩の跡が見え出した。9太郎が目指す“ディスらないラップ”が形になり始めたのだ。

バチスタ 「お前をボコボコ タコ殴りするような感覚
      俺は得る確信 そんな感覚だぜ お疲れさん」
9太郎  「タコ殴りの後に『お疲れさん』 挨拶はちゃんとするんですね
      お疲れさん だから タコ殴りやめときましょう
      あ! タコのお刺身好きですか? あのコンビニにあるヤツ
      一緒に食べません?」

 このように相手を自身の世界観に引きずり込んで相手を困惑させるのは、2nd seasonでの原田龍二を彷彿とさせる。会場を“9太郎ワールド”にして、相手の戦意を削ぐ。それが彼の目指すところだ。

 9太郎のレッスンを見て1つ気になったのは、韻をそこまで意識させなくても良かったのでは? という点だ。それよりも、キャラを前面に出しつつ独特のワードセンスで勝負するほうが彼には合っていると思うのだ。

12

『フリースタイルティーチャー』晋平太の戦略は吉と出るか? 徹底リサーチありきのディスはリスペクトの表れのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真