日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 男性アイドル編始動! あの本命ティーチャー参戦

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAM

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

【確認中】『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAMの画像1
SAM Twitter(@SamtaQuench)より

 2月17日放送『フリースタイルティーチャー』(テレビ朝日系)で、芸能人同士のMCバトル総当たり戦4th Seasonがスタートした。前シーズンに引き続き、今回もスチューデントは5人のアイドル。題して「男性アイドルラッパー育成SP」だ。

今まで晋平太が参戦しなかったのが不思議なくらい

 今シーズンの参加者は、水野勝(BOYS AND MEN)末吉9太郎(CUBERS)宮里ソル(円神)横山統威(祭nine.)岡野海斗(Boom Trigger)の5人。正直、筆者は彼らの存在を今回の放送で初めて知った。そもそも、ヒップホップ好きがよく見る『ティーチャー』にアイドルが出演しても、あまり引きにならないのは自明である。それでも、アイドルを育成するメリットは前シーズンで実証済みだ。すでに売れている有名芸能人がスチューデントだと、親交のあるタレント仲間とバトルする必然性が存在しない。しかし、アイドルともなると所属ユニットの看板を背負って参加しただけに負けられないのだ。全員、グループをレペゼンして闘っているということ。白熱度が違うはずだ。

 あと、今シーズンのティーチャーにも注目したい。まず、今回が初参戦となる晋平太。この番組が始まったとき、「フリースタイルティーチャー」という響きで真っ先に連想したのは彼だった。コンセプトに最も適任のラッパーと言っても過言ではなく、今まで登場しなかったのが不思議なくらいである。そして、もう1人の初参戦ティーチャーはSAM。まさか、彼が出るとは思わなかった! さらに、“優勝請負人”のKEN THE 390とTKda黒ぶちというお馴染みの面子に加え、2nd Season以来の崇勲が参戦! TKと崇勲は「春日部ヘラクレス」なるタッグを組んだ盟友同士で、2人の競い合いにも注目である。

123

『フリースタイルティーチャー』男性アイドル編始動! ようやく参戦の本命ティーチャー・晋平太&アイドルよりイケメンのSAMのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

夫婦の不思議を知るU-NEXT配信映画3本

 事実は小説より奇なりーー。そんなことわざが...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 いち人間としてトランプを支持するだけでなく、ヒップホップというフィルターを通し...
写真