日刊サイゾー トップ > インタビュー  > 深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

深田えいみ、フォロワー180万!セクシーだけじゃないSNSテクニック「七味炎上でむしろフォロワー増えました」

文=徳重龍徳(とくしげ・たつのり)

「七味炎上でむしろフォロワー増えました」180万フォロワー抱える深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテクニックの画像1
写真/二瓶彩

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売中の著書『大喜利お姉さん深田えいみの人生相談』では、恋愛から仕事の悩みまであらゆる相談に答えながら、自身の人生観も語っている。現在Twitterのフォロワー数は180万人と女優の浜辺美波、芸人のバカリズムよりも上。成功の裏にあったクレバーな一面に迫った。

「アンチに対してまじめに反論しても意味ない」

ーー著書では相談に対する回答に、深田さんのSNS戦略が垣間見えて面白かったです。代名詞となった「大喜利」についても、女性ファンを狙い差別化を図った結果としてたどり着いたとあります。

 セクシーな写真だけでも男性のファンも取れるんですけど、女性ファンが欲しくて。女性に受けるには顔の盛れ方も大事ですけど、ただかわいいだけの人はこの世にはいっぱいいる。どうやって注目してもらうか考える中で、大喜利に行きついていました。

ーー本に載っていない部分でTwitterで気をつけていることはありますか。

 女性に受けたいので、女性に嫌われる女性キャラにはしたくない。なので、「今日はどこいったよ💕」とかハートをつけた投稿はあまりしません。サバサバした方が女性受けはいいと思うので、ハートの代わりに「!」マークをつけたり、あまりキラキラした感じは出さないようにしてます。

 逆にやらないように気をつけてることは「アンチに対してアンチを返さない」。素直になりすぎないが一番いいと思ってます。

ーー本の中でも「怒るのを我慢するのは大正解」と発言してますね。

 怒ると相手が調子にのっちゃうので。いまTwitterのフォロワーが180万人なんですけど、その中の1人を変えたところで、残りの人は変わらない。アンチに対してまじめに反論しても意味ないと思うんです。もし返信するなら面白い返しでみんなを笑わせたい。

 私自身、アンチの言ってることもわかるんですよ。コンプレックスをえぐり出される感じがしていて。普通は「そんなことない!」って返すじゃないですか。でも最近はアンチの発言に「確かに」「なんか私もそう思ってた」と共感して、自分の中に落とし込むようにしてます。

  それに直接私に会って「深田えいみ嫌いなんだよね」って言ってる人見たことないんで(笑)。別に泥を投げてくるわけじゃないし、いじめられるわけでもない。だから別にいいかなって。

「本人なのにインスタに偽物扱いされてました」

「七味炎上でむしろフォロワー増えました」180万フォロワー抱える深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテクニックの画像2

ーー2020年8月にどん兵衛に七味を大量にかけた写真を投稿して炎上しましたが、その際も批判の声は気にしなかったんですか?

 もともとアンチが出てくるのはわかってたんで、どう収めるか、どう火を消すかと考えてました。「七味を粗末にするな」と批判は出ましたけど、私が七味をちゃんとタッパーに保存している写真をあげると火が消えました。そのあたりを考えて、最初のツイートも投稿しました。

 それに実際はフォロワーが減るんじゃなく、むしろ増えたんですよね。一部の人に面白いと思われて、一部の人に批判された感じです。

ーー怒りの処理もそうですが、本の中で語った嫉妬の処理も合理的な印象です。

 昔は私もライバルと思っていた人に嫉妬してたときがありました。でも、蹴落とすんじゃなくて、同じ業界の仲間として一緒に業界を盛り上げていこうと思ったら、自然と心が楽になりました。

 人気のある人は結局人間性やセンスが優れているから、蹴落としても絶対這い上がってくる。逆に蹴落とした方が、結局は蹴落とされると思うんです。嫉妬するよりも「どうしてこの人は1位なのか」「どういうところが魅力で記事に取り上げられているのか」を分析をして、その良い部分を取り入れた方が効率的だと思ってます。

ーー自分よりも人気のあるセクシー女優の作品を見て研究したそうすが、ライバルからどういう部分を学んだのですか。

 普段の出演作品に関しては“動き”ですね。ライバルだと思ってた人はダンスをやっていて、ダンスの動きを腰とかに取り入れたりするんですよ。演技力って大事なんだなと研究してわかりました。

ーー最近ですと青汁王子、てんちむなどネット有名人との交流も増えてますね。

 YouTube界隈の紹介者がいて、飲みとかに誘ってくれて、そこで仲良くなってます。だいたい2か月前くらいですね。YouTubeはだまわからないことが多いですが、そこで知り合った登録者100万人の人が直接「えいみちゃんこういう動画がいいよ」とか教えてくれてます。

ーーInstagramも始められたとか。

 インスタは3回くらいトライしたんですが、実は私の偽物のアカウントが100万フォロワーいて、立ち上げるたびに私のアカウントの方がBANされちゃって(笑)。BANされるたびに心が折れかけて「もういいや」って思ってたんですけど、偽物のアカウントが消えたことで、インスタ側にやっと深田えいみ本人だとわかってもらえて。なので3か月前くらいから始めてます。

12

「七味炎上でむしろフォロワー増えました」180万フォロワー抱える深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテクニックのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

菅総理、二階の「五輪やめる」発言に怒り心頭も…

今週の注目記事・第1位「小室圭さんのウソ証拠...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

ホットなヒップホップ・グループ「舐達麻」の3人が大麻について大いに語ってくれた昨年のイン...
写真