日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦

『チコちゃんに叱られる!』リレハンメル五輪の失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

長野オリンピックから約20年後、あの原田にK点を語ってもらう

 この日2つ目のテーマは「スキージャンプのK点ってなに?」という疑問である。筆者は「危険(KIKEN)の頭文字のK」と聞いたことがあるが、日本語が語源になっている時点でおかしいし、この説はきっとジョークだろう。昔からスポーツ中継ではアナウンサーが「K点越え!」と連呼しているものの、K点についての解説は聞いたことがなかった。チコちゃんが発表した答えは「昔は『極限点』だったけど今は『建築基準点』になりました」である。

 詳しく教えてくれるのは、長野オリンピック・スキージャンプ団体金メダリストであり、現在は全日本スキー連盟理事の原田雅彦さんだ。久しぶりに見た!

――原田さんといえばK点っていうイメージがあるんですけど。
原田 「あの、私、本当にK点に……まあ、思いがあるんですけどね」

 K点とは、ジャンプ台の踏み切り台から斜面の約120m先のポイントを指すそうだ。スキージャンプはジャンプ台の大きさによって種目が分かれており、ラージヒルの場合は踏切台から120m先をK点と呼んでいる。

 K点を有名にしたのは、1994年に行われたリレハンメルオリンピックだ。1人目の西方選手がK点を大きく越える135mの大ジャンプをし、続く岡部選手も133mの大ジャンプをした。3人目の葛西選手の飛距離は120mで、日の丸飛行隊はK点越えを連発! 日本は2位のドイツを大きく引き離し、最後の原田さんが105mさえ越えれば金メダルという状況だった。

「なにも考えられなかったというか、とにかく冷静でいられなかったんだと思います。今、思えば」(原田)

 前年の世界選手権を優勝し、名実ともに日本のエースだった原田さん。普段であれば120mのK点越えは珍しくなかった。彼がジャンプした際の実況が生々しい。

「高い! 来るか!? うわ~、途中で落ちたか! 失敗したジャンプ。しかし、どうか? 距離は? 97m50。日本、銀メダル!」

「まあ、頭が真っ白になったですね。チームメイトがね、励ましの声をかけてくれたんで立ち直ることができましたけども、ものすごい辛かったですね」(原田)

 正直、もうやめてあげてほしい。このときの失敗ジャンプについてまだイジる『チコちゃん』。原田さんは一生言われ続ける運命なのか? 普通だったらこんなの立ち直れないだろう……。

 しかし、トラウマを払拭するかのように4年後の長野オリンピックで彼はリベンジした。このときの実況は、もはや快哉の雄たけびである。

「K点以上飛べばトップに出てくる。今度は高いか! 高い! 高くて! 高くて! 高くて! 高くて! 行ったー! 大ジャンプだ、原田~!」

 K点を大きく越える137mの大ジャンプでチームの優勝に貢献し、見事金メダルに輝いた原田さん。まあ、彼はリベンジできたものの、リレハンメルの他のチームメイトはそうは行かなかったわけだが……。

 元々、K点はドイツ語のKritischer Punkt(クリティッシャー・プンクト)の略である。「これ以上飛ぶと危険な『極限点』」という意味だ。K点越えは、危険を伴うほどの大ジャンプという意味。ジャンプ台はK点を境に斜面が緩やかに設計されているため、K点を越えると着地が難しくなり、大きな転倒につながる危険性があった。

 原田さんらが金メダルを獲得した長野オリンピック(ラージヒル)ジャンプ台・スタート地点からの景色を見ると、そこは想像以上の高さである。それもそのはず、実はこの高さは東京タワーのメインデッキとほぼ同じ138mなのだ。つまり、長野オリンピックでの原田さんの137m大ジャンプは、東京タワーのメインデキッキから勢いよく滑り落ち、上空86mの地点でジャンプし、そこから時速100km以上のスピードで東京の街を滑空し、勢いそのままに地面にドカンと着地するのと一緒ということだ。人が命綱を付けず、東京タワーからおよそ200mの距離を猛スピードで落ちていくという異常事態。そんなの怖すぎる。スキーで滑って飛ぶなんて発想そのものが、やっぱりどうかしているのでは? とんでもない競技だ。

123

『チコちゃんに叱られる!』リレハンメル五輪の失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

瓜田純士、夫婦間の山一抗争勃発!?

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、瓜田純士が夫婦名義で新曲を作った。タイトルは「...
写真