日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦

『チコちゃんに叱られる!』リレハンメル五輪の失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

K点越えはそこまで危険じゃなくなった

 その後、K点越えを果たす選手は続々と現れ始めた。その要因の1つがV字飛行である。1960年代後半、ジャンプのスタイルはスキー板を揃えて飛ぶクラシックスタイルが主流だった。当時、ラージヒルのK点を越える選手はほとんどいなかった。しかし、1990年代に入ると板をV字にして飛ぶV字スタイルが登場! スキー板を広げることで風を受ける面積が大きくなり、選手を上に押し上げる力が増え、飛距離は飛躍的に伸びた。事実、1998年の長野オリンピックで活躍した日の丸飛行隊は深い前傾のV字飛行でK点越えを連発している。選手の滑空技術や着地技術はどんどん進化し、K点越えはそこまで危険ではなくなったのだ。

 同時に、長野オリンピックから6年後の2004年にはK点という言葉から「極限点」という意味がなくなった。元来、K点が意味していた「これ以上飛んだら危険」とされる極限点は140m付近まで延長し、現在は約140m越えの大ジャンプを“安全に着地できる目安となる地点”という意味の「ヒルサイズ越え」と呼ぶようになったのだ。そして、K点は極限点を意味するKritischer Punktから、そのジャンプ台が何m飛行可能な設計になっているかを示すKonstruktionspunkt(コンストルクティヨスプンクト)という建築基準点に変更された。なるほど、よく同じ頭文字を持つドイツ語を見つけたものだな……。

――K点越えって言わなくなるのは、ちょっと寂しかったりしますか?
原田 「どんどん距離が伸びるということで、スキージャンプがどんどんどんどん進化してる。まあ、嬉しいことですよ」
――本当に寂しくないですか?
原田 「いや、少しだけ。ちょっと寂しいですね(笑)」

 わかる。「ヒルサイズ越え」よりも「K点越え」のほうが響きだってカッコいいし。

 それにしても、2週空けての放送は随分久しぶりの感覚だった。ちなみに、今夜放送『チコちゃん』のゲストは高畑淳子と小島よしおである。
(文=寺西ジャジューカ)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

1978年生まれ。得意分野は、芸能、音楽、格闘技、(昔の)プロレス系。『証言UWF』(宝島社)に執筆。

記事一覧

サイト:Facebook

最終更新:2021/03/19 20:00
123

『チコちゃんに叱られる!』リレハンメル五輪の失敗ジャンプを永遠にツッコまれる原田雅彦のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

土方歳三、残虐すぎて映像化不可能な人間性

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

瀧澤謙太、RIZIN初参戦インタビュー

 9月27日(日)開催の格闘技イベント「RIZIN.24」に、高いKO率を誇る危険な...
写真