日刊サイゾー トップ > カルチャー > 映画  > 草彅剛の受賞でようやく“デキレース体質”を脱却

草彅剛の受賞でようやく“デキレース体質”を脱却した『日本アカデミー賞』

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

[入稿済]草彅剛の受賞でようやくデキレース体質を脱却した『日本アカデミー賞』の画像1
映画『ミッドナイトスワン』ツイッターより

「第44回日本アカデミー賞」の授賞式が19日、都内で行われ、主要部門のうち草彅剛主演の『ミッドナイトスワン』(内田英治監督)が、最優秀主演男優賞と最優秀監督賞の2冠を受賞した。

「同作の配給はキノフィルムズで、公開スクリーンもそれほど規模が大きくはなかった。にもかかわらず、リピーター続出で、難役であるトランスジェンダーの主人公を演じた草彅に対する称賛の声が続出。2冠の受賞も納得です」(映画業界関係者)

 同賞といえば、昨年は『新聞記者』が、最優秀作品賞のほか、松坂桃李が最優秀主演男優賞、シム・ウンギョンが最優秀主演女優賞を受賞。主要部門で3冠を達成した。

「配給は独立系の映画会社・スターサンズとイオンシネマを運営するイオングループの映画興行会社・イオンエンターテイメント、独立系の配給作品の受賞は06年度の『フラガール』以来13年ぶりとなる。北野武監督がかつて『日本アカデミー賞』はデキレースと指摘したが、今回の受賞作を見るに脱却したように思われる」(同)

 歯に衣着せぬ物言いで知られ北野監督だが、14年10月に行われたトークショーで「日本映画の最悪な点は、映画製作会社が映画館も経営していることだ」と切り出した。

 そして、「自分の作品は米アカデミー賞(の外国語作品賞の候補)に推薦されたことがない。ここで言うのもイライラするけど、日本アカデミー賞の最優秀賞は東宝、東映、松竹、たまに日活の持ち回り。アカデミー賞会員が選んだ、というけど、(会員は)どこにいるの?」と、“デキレース体質”であることを指摘したのだ。

 また、この発言を受け、翌年1月、当時の日本アカデミー賞協会会長・東映会長で昨年亡くなった岡田裕介氏が北野監督に「持ち回りというのはありえない」などと反論し、話題となった。

「『日本アカデミー賞』の公式ホームページによると、昨年の時点での投票権がある会員のうち東宝が296人、松竹が293人、東映が273人、KADOKAWAが135人、日活が53人と、5社のみで計1050名。総会員数3953人の約3分の1近くを占めるが、その会員たちも積極的に自社の作品に投票するのではなく、純粋にいい作品に投票するようになったのでは」(映画担当記者)

 ただ、「今回がたまたま」(映画メディア編集者)という声も聞かれるが、多くの作品に受賞のチャンスが広がったのであれば、喜ばしいことだ。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2021/03/23 19:00

草彅剛の受賞でようやく“デキレース体質”を脱却した『日本アカデミー賞』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真